ブラックジャックでおすすめの人気ゲーム4選を紹介!

オンラインカジノの中でもブラックジャックはとても人気のあるカテゴリーのゲームで、各社から様々な趣向を凝らしたものが導入されています。
とはいえ基本ルールはすべて同じなので、ブラックジャックのルールを知っていれば誰でも気軽に遊べるのが魅力で、様々な演出やペイアウト率の違いから、自分の好みのゲームを選択することができます。

ここでは、オンラインカジノでおすすめの人気ブラックジャック4選を紹介していきたいとおもいます。
オンラインカジノで面白いブラックジャックを探している方は、ぜひ参考にしてください。

一人でサクサクと遊べる「First Person Blackjack」

一人でサクサクと遊べる「First Person Blackjack」

オンラインカジノで遊べる「First Person Blackjack」は、エボリューションゲーミング社が開発したプレイヤーが単独でプレイできるブラックジャックで、テーブルにほかのプレイヤーがいないのでサクサクとゲームが進むのが特徴です。

ライブカジノではありませんが、実写のような美しいグラフィックで、豪華な演出の中ブラックジャックを楽しむことができます。
すでに説明したように、テーブルにはプレイヤー1人しかいないので、ほかのプレイヤーのアクションを待つ必要がなく、超スピードでゲームが進みます。

最大で5ハンドを駆使することができ、それぞれ2,500ドルのベットが可能で、5つのハンドを使うことで、なんと最大12,500ドルまでベットすることができます。
多額の賭け金を使ってとにかくゲームを回したいというハイローラーにピッタリのブラックジャックとなっています。

アドバイス付きで初心者向け「Relax Blackjack」

オンラインカジノで遊べる Relax Blackjack」は、初心者向けのブラックジャックで、ゲーム内でアドバイスを受けることができるのが特徴です。
ブラックジャックで重要なのが、ヒットやスタンド、ダブルダウンなどのアクションの使いどころの見極めです。

Relax Blackjackは、その名の通りプレイヤーがリラックスしていても、適切なタイミングでアクションに関するアドバイスをしてくれるので、有利なゲーム運びができるだけでなく、ブラックジャックのルールを学ぶこともできます。
初心者の方は、Relax Blackjackを使って基本ルールや攻略法をマスターしましょう。
アドバイス付きで初心者向け「Relax Blackjack」

1つのデッキだけで遊ぶ「Single Deck Blackjack」

オンラインカジノで遊べる「Single Deck Blackjack」は、業界大手のプレインゴウ社が開発したブラックジャックで、1つのデッキ(1組のカード)だけを使ってゲームが進行するのが特徴です。
一般的なブラックジャックは8組のデッキ(416枚)を使ってゲームが進みますが、Single Deck Blackjackはその名の通り、たった1デッキ(52枚)でゲームが行われるのです。

つまりSingle Deck Blackjackは圧倒的にカードの種類が少ないので、カードの予測においてプレイヤーが非常に有利な立場になるということです。
勝ちやすさを示すペイアウト率は98.89%と、オンラインカジノでは比較的高く、カードの少なさも相まって様々な攻略法もより効果的となっています。

しかしブラックジャックで有名な攻略法であるカードカウンティングは、逆にカードが少ないのであまり使う意味がなくなっています。
普通にプレイしてもカードの見極めが簡単なので、初心者にもおすすめのブラックジャックとなっています。

ディーラーの手の内が丸見え「Double Exposure Blackjack」

ディーラーの手の内が丸見え「Double Exposure Blackjack」

オンラインカジノで遊べる「Double Exposure Blackjack」は、普通は見えないディーラーのカードが全部プレイヤー側に見えてしまうという、変わり種のブラックジャックとなっています。
普通のブラックジャックのルールでは、ディーラーのカードは1枚のみ見ることができ、もう1枚は伏せて見えませんが、このDouble Exposure Blackjackではディーラーカードが2枚とも丸見えで、プレイヤーは有利にアクションを選択できます。

さらにDouble Exposure Blackjackの魅力として、ペイアウト率が99.04%とほかのブラックジャックとくらべ高く設定してあるので、かなり勝ちやすくなっています。
このようにプレイヤーに有利なルールがある一方で、ナチュラルブラックジャックの配当が2倍に抑えられ、引き分けの場合はディーラーの勝ちとなるなど不利な点もあるので注意してプレイしましょう。

まとめ

オンラインカジノでおすすめの人気ブラックジャック4選を紹介してきましたが、ゲーム選びの参考になったでしょうか?
1つのデッキだけでゲームが進行する「Single Deck Blackjack」、ディーラーのカードが丸見えの「Double Exposure Blackjack」、1人でサクサクと遊べるFirst Person Blackjack」、アドバイス付きで初心者に嬉しい「Relax Blackjack」の4つのゲームはとてもおすすめなのでぜひプレイしてみてください。

初心者の方はRelax Blackjackでルールを学ぶことをおすすめします。
オンラインカジノのベラジョンカジノに登録しているのであれば、すぐにRelax Blackjackをあそぶことができます。
基本ルールの次は、カウンティングなどの攻略法をマスターして、テクニックに磨きをかけましょう。

マーチンゲール法とモンテカルロ法は定番のゲーム以外に使える?

マーチンゲール法とモンテカルロ法をオンラインカジノで使う場合、定番のカジノゲームのプレイをイメージするのはないでしょうか。
例えば、ルーレットやブラックジャック、あるいはバカラといったゲームがそれに当たります。

しかし、それ以外のゲームでオンラインカジノ上においてマーチンゲール法とモンテカルロ法は使えるのでしょうか。
そこで今回は、オンラインカジノでマーチンゲール法とモンテカルロ法が使えるゲームは他にないかを紹介します。

思いつくのはビッグホイールと大小

思いつくのはビッグホイールと大小
オンラインカジノのゲームは、意外と多くの種類があります。
実はその中でもマーチンゲール法とモンテカルロ法の運用が可能なゲームがいくつかあります。
オンラインカジノによっては、ビッグホイールや大小といったゲームも公開されていることが少なくありません。

これらのゲームは、2倍配当のベットも可能なので、マーチンゲール法とモンテカルロ法が使えます。
ここでは、この2つのゲームがどんなものか紹介していきましょう。

ビックホイールとは

ビックホイールとは
まず、ビッグホイールは、ルーレットにそっくりなゲームです。
回転するホイールに書かれた数字に矢印(クラッパー)がどこに止まるかを予想し、ベットする内容です。

実際のカジノであれば、ディーラーがホイールを回転させてクラッパーがホイールを止めます。
そのクラッパーが指し示す数字で当選が決まる仕組みです。

基本は、こういった内容ですが、名称がマネーホイールだったり、クラッパーの代わりに光が止まったところで当選が決まったりします。
また、ホイールの数字も54区画に分かれてるものが一般的で、52区画などオンラインカジノの機種によって若干異なるのも特徴です。

ベットの仕方は、マネーホイールの下にあるテーブルにシートがあり、賭けたい場所へチップを置いていきます。
ただ、ベットの方法がルーレットと異なります。

まず、2倍配当の場合は、24か所ある「1」にベットし、次に3倍配当の場合は、15か所ある「2」にベットするという流れです。
ただ、結論を言えばこのゲームは対応しているものの、そこまでオンラインカジノでマーチンゲール法とモンテカルロ法をおすすめするゲームではありません。

理由として、当選確率の低さとハウスエッジの存在が挙げられます。
ここまでの文を読んでいただいてお気づきの方もいると思いますが、2倍配当でも当選確率が50%ではないということです。

54ないし52あるシンボルの中から24か所しか当たる場所がありません。
確率にして44.4~46.2%、これはわずかに数%程度の差と思われがちです。
しかし、マーチンゲール法とモンテカルロ法の運用を行う上で損失のリスクが高まることを意味します。

定番のゲームの確率が限りなく50%に近いことを考えると、利用できるものの、やや使いにくいといえるでしょう。
問題なのはハウスエッジがあることです。
ルーレットにそっくりなビッグホイールは、ハウスエッジが存在します。
オンラインカジノによって異なりますが、その比率は2倍配当で約11.1%、3倍配当に至っては約16.67%です。

理論上マーチンゲール法とモンテカルロ法が使えるものの、利益の面でいえば現実的ではありません。
もちろんハウスエッジの比率が低いところもありますが、利益のいくらかを取られてしまうのは弱点です。

大小もマーチンゲール法とモンテカルロ法が使える

大小もマーチンゲール法とモンテカルロ法が使える
オンラインカジノには大小(シックボー)と呼ばれるゲームもあります。
こちらもマーチンゲール法とモンテカルロ法が使えます。
別名「Sic-bo」「タイサイ」とも呼ばれ、実際のカジノではマカオなどアジアのカジノで見かるゲームです。

このゲームもオンラインカジノでは忠実に再現されているケースがあります。
ダイス(サイコロ)3つの合計数や組み合わせを予想するもので、ルーレットに通じるゲームといえます。
こちらも様々なベット方法がありますが、マーチンゲール法とモンテカルロ法で使えるのはワンダイと大小のベット法です。

これらは2倍配当のベット法です。
ワンダイは、ダイスの数字1~6のうちいずれかにベットする方法で、3つのうちいずれかのダイスでベットした数字が出たら当選です。
大小は、丁半ばくちに似ていますが、出目の合計が11~17で大、4~10が小のいずれかを予想します。
こちらは確率の面でルーレットに近い倍率なので、マーチンゲール法とモンテカルロ法が使いやすい印象です。

例えば、大小の出現率は、それぞれ48.6%とルーレットの2倍配当のベットとそこまで変わりません。
ただ、このゲームも実はハウスエッジを設定しているオンラインカジノがあります。
比率は異なりますが、多くの場合数%程度です。
ビッグホイールよりは少ない金額ですが、こういったルールがあるのがネックです。
定番のマーチンゲール法とモンテカルロ法のゲームに比べるとハウスエッジの分、利用しにくいかもしれません。

ルーレットの勝ちかたをある程度理解しているのに勝てない原因

様々なルーレットの勝ちかたをある程度勉強してきたのに、いくらベットしても勝てないのには原因があります。
ルーレットというのは運に左右されるゲームではありますが、正しい勝ちかたを理解することで負けにくく勝ちやすくなります。
だからこそルーレットで勝てない原因を知っておくことが重要であり、それを改善することによって、夢の総合収支常勝も決して不可能ではなくなります。

そこで今回は、ルーレットの勝ちかたをある程度理解しているのに勝てない原因について詳しくご紹介していきたいと思います。
全くルーレットの勝ちかたを理解していない方にとっても非常に大切な内容ですので、皆様の参考になれば嬉しいです。

波を読まず闇雲にベットしている

波を読まず闇雲にベットしている
ルーレットは運に左右されるギャンブルではありますが、波を読まずに闇雲にベットするのは勝てない原因となります。
ルーレットには過去に出た数字が一定数表示されており、それを見ることである程度波を知ることができます。

例えば連続4回黒が出ていれば次も黒、一桁数字が並んでいれば次も一桁、一定数置きに0が出ていれば、その一定数後に0、という波です。
もちろんこの波が確実に次ゲームで訪れるとは限りませんが、ルーレットのような運要素の強いギャンブルに波は付き物であり、実際にその波通りに動くことが多々あります。

そんな波を一切気にせずに、ただ闇雲に好きな数字にベットし続けていたところで、勝てるのも勝てなくなってしまいます。

目標額が明確ではない

ルーレットはいつでもどんなタイミングでも常に参加できるギャンブルであり、特にオンラインカジノのような24時間365日稼働しているルーレットでは、目標額設定が非常に重要です。

目標額を設定せずに遊び続けてしまうと、資金が湯水の如く減っていき、いつか必ず資金が底をつく事態に陥ってしまいます。
だからこそ「いくら勝ったらそこでスパッと止める」という目標額を明確にしておく必要があります。

注意点として、目標額に達成する時というのは、自分でも驚くほど波に乗っている時であり、「まだまだこんなものじゃない!まだ勝てる!」と考えてしまうことです。
確かに波に乗っている時というのは、止めたくなくなるものですが、そこは強い意思を持ち、目標額を達成した時点ですぐにルーレットから離れましょう。

冷静さを失っている

冷静さを失っている
ルーレットは、一度そのテーブルに付いたら毎回ベットしなければいけないわけではなく、ベットせずにただ結果を見守るのも問題ありません。
これを「ルック」と言い、日本語では「見(ケン)」と呼ぶこともあります。

特に負けが続く悪い波に飲み込まれてしまっている時には、一旦ルックを活用して、冷静になりましょう。
ルーレットでは冷静さが大切であり、もし冷静さを失いギャンブル魂に火が付くことで、あとは大敗に向かって一直線に進んでしまうだけです。
そのような事態を招いてしまわないためにも、ルックで冷静さを取り戻し、完全にリフレッシュしてから勝負を再開することが重要です。

損切りする覚悟を持っていない

損切りする覚悟を持っていない
負けた金額を受け入れる「損切り」の覚悟を持っていなければ、ルーレットで勝つことはできません。
どんなにルーレットの勝ちかたを理解していたとしても、損切りができなければ、最終的な収支はマイナス域に終わってしまうことでしょう。
負けた状態でルーレットのテーブルを離れるのは悔しいかと思いますが、損切りというのは、あらゆるギャンブル、あらゆる投資に必要不可欠なことなのです。

例えば「30,000円使って勝てなければ、その時点で止める」のように、ご自分の資金力から損切り金額を決めておきましょう。
ここで重要となるのが、「ここまで多額のお金をベットしたのだから、そろそろ勝てるはず」と考え、損切りタイミングを見失ってしまうことです。

そろそろ勝てる根拠はどこにあるのでしょうか?
ルーレットは運に左右されるギャンブルですし、勝てるはずという根拠はどこにもありません。

競馬や競艇などではある程度の根拠はありますが、ルーレットには一切ありません。
損切りの金額を決めておき、その金額に到達したらどんなに自信があったとしても、必ず損切りするという覚悟を決めることが、ルーレットの勝ちかたなのです。

まとめ

今回は、ルーレットの勝ちかたをある程度理解しているのに勝てない原因についてご紹介させていただきましたが、思い当たる節はありましたか?
波を読まず闇雲にベットしている、目標額が明確ではない、冷静さを失っている、損切りする覚悟を持っていないのうち、どれか一つでも今の自分に該当していたら、すぐにそれを改善しましょう。

ルーレットで勝てない原因がわかっていれば、それを改善するだけで、びっくりするほど負ける確率が低くなるはずです。
あとはルーレットの攻略法や必勝法などの勝ちかたを正しく実践することで、いつどんなタイミングでも常勝できる能力が身に付きます。
ペイアウト率94.7%~98.65%にもなるルーレットなのですから、国内でプレイできるギャンブルの中でも圧倒的に勝ちやすいのです。

ネットカジノで金儲けをするために必要なこと

ギャンブルで生計をたてている人が少なからずいることは知られています。
日本では、「パチプロ」や「スロプロ」と呼ばれる人たちが良く知られていますが、公営競技にも同様の人は存在します。

世界に目を広げるとよく知られているのは、プロポーカープレイヤーと言われる人たちです。
特に、このポーカーは高額な賞金が課せられるトーナメントや世界大会が開催されるので有名です。
これらのギャンブルで生計をたてる人がいるのなら、ネットカジノでも同様に生計をたてている人がいるのでしょうか。

また、ネットカジノで金儲けをすることはできるのでしょうか。
様々な角度から見ていくことにします。

ネットカジノのカジノゲームは多彩

ネットカジノのカジノゲームは多彩
ネットカジノのゲームは非常に多彩です。
ライブカジノには、バカラ・ブラックジャック・ルーレット・ポーカーなどがあります。

これらのゲームはソフトゲームでも楽しむことができます。
さらに、スロットマシンも楽しめるのがネットカジノです。

この中で、金儲けに適しているゲームは何でしょう。
スロットマシンは、時に大きな勝利を得ることができますが、勝つ確率が低すぎて「稼ぐ」という意味では適さない現実があります。
一方テーブルゲームは、約5割の確率で勝利することができるので、「稼ぐ」という意味では適するゲームと言えるでしょう。

ルーレットで稼ぐ

ルーレットは確率のゲームと言われます。
ルーレットにおいては、特定の出目の出現がする確率は、どの数字も理論上は約2.7%です。
少ないゲーム数では、この確率に大きな偏りが生じますが、その確率は「大数の法則」と呼ばれる法則に則って、理論上の確率に限りなく近づくことになります。

また、攻略法や必勝法と言われるベット方法の利用も可能です。
カジノを潰したと噂されるほどのモンテカルロ法や、ココモ法などをうまく活用することで勝率を上げる事が可能です。

ブラックジャックで稼ぐ

ブラックジャックで稼ぐ

ブラックジャックで稼ぐために最も有効な手段は、カウンティングと言われています。
もちろんネットカジノ側も対応をしています。
ブラックジャックは8デッキと言われる8セットのカードで、ゲームを行うのが一般的です。
そして、ゲームでは、すべてのカードを使わずに半分ぐらいのカードを使用したら、シャッフルをすることで、プレイヤーがカウンティングの効果を得られないように対応しています。

しかし、カウンティングは残りのカードを予測するのに有効で、ネットカジノの特性から堂々とカードをカウントしても問題が生じません。
これがランドカジノだと間違えなく、注意をされて、退場を求められることになります。
このように、ブラックジャックではカウンティングをすることで勝率を上げる事ができます。

バカラで稼ぐ

バカラは、FXや株のレードに似た側面を持つゲームです。
FXなどでは価格や相場の変動がチャートと呼ばれるグラフで表示され、上がるタイミングや下がるタイミングをある程度予測することができます。

バカラでは、罫線と呼ばれるゲーム履歴から同様にプレイヤーの勝ち、バンカーの勝ちを予測できる要素があります。
投資で稼ぐことができるように、バカラでも稼ぐことが可能になるということです。

稼ぐために必要なこと

稼ぐために必要なこと

ネットカジノを利用して金儲けをする。
つまり稼ぐことができるのかと言えば、出来ると言えることになります。

その為に必要なことは何でしょう。
これも面白いことに投資と非常に似ている側面があります。
先ずは、資金管理です。自己資金をしっかりと管理をするということは、決して資金を0にしないことが大切になります。

その為には、ダメな時は手を引き、行ける時は大きく勝負をする必要が生じます。
また、引く場合も勝負をする場合もしっかりとした根拠が必要になります。
根拠を持たずに賭けを行えば、なぜ負けたか、なぜ勝ったかの検証ができません。

引く時も勝負する時にも明確な根拠が必要になるのです。
バカラ、ブラックジャック、ルーレットといったゲームで根拠を持って賭けをするためには、ゲームに対する知識、最適な攻略法の選択、流れを読む力などが必要になります。

ネットカジノで金儲けをすることの難しさ

ネットカジノはビジネスですからカジノ側が利益を得られるように仕組みが作られています。
その中で「稼ぐ」ことになればその難しさは想像ができるはずです。
FXなどの投資も同様です。

取引を行うことで利益が得られる仕組みの中で、投資家は取引を行って利益を出しています。
この事実を踏まえれば、非常に構図の似ているネットカジノでも「稼ぐ」ことは、可能と言えます。

ただし、そのことは投資家全てが利益を得られているわけでない事実と同様に、一部のネットカジノプレイヤーに限られるということになります。
つまりは、誰よりも資金管理力に長け、ゲームのルールや攻略法の知識が豊富にあり、経験からどの攻略法を活用するかといった判断を的確に行える力を身に付ける必要があるということです。

お金を稼ぐのは何をしても大変なことです。
ネットカジノで稼ぐのも同様に大変なことと言え、努力が必要と言えるのです。

スロットマシンの確率を多角的に見る

オンラインカジノで非常に人気が高いゲームに、スロットマシンがあります。
スロットマシンの確率はRTP(リターン・トゥー・プレイヤー)の数字で、ある程度推し量ることはできますが、あまりにもおおざっぱで具体性に乏しいとも言えます。

その意味ではRTPのみでは、スロットマシンの確率を推し量ることはできないとも言えてしまうのです。
では、どのような視点で、スロットマシンの確率を見ていけばいいのかを見ていくことにします。

スロットマシンの確率をみるボラティリティー編

スロットマシンの確率をみるボラティリティー編

ボラティリティーとは、変動幅を指す言葉です。
スロットマシンでは、ボラティリティーが高いと言えば、配当の幅が広いことを意味する言葉です。

つまり、ボラティリティーが高いスロットマシンでは、超高額の配当が出る可能性があるものの、極少額配当もありうるということになります。
一方、ボラティリティーが低いと言えば、配当の幅が狭いことを意味することになります。

つまり、ボラティリティーが低いスロットマシンでは、高額配当はそこそこまで、その代わり極少額配当もあまりないという意味になります。

この視点から見ると、勝率の視点では高ボラティリティーのスロットマシンは勝率が低くなり、低ボラティリティーのスロットマシンでは勝率が高くなると言えることになります。

一方で、勝利した時の金額でみれば、当然、高ボラティリティーのスロットマシンの方が圧倒的に期待できるということになるのです。

スロットマシンの確率を見る仕様編

スロットマシンの確率を見る仕様編

スロットマシンの多くは、スキャター揃いで獲得できるBonusゲームの獲得が勝敗を左右します。
その意味では、Bonusゲームの獲得確率というのも、非常に重要な視点になります。

Bonusゲームの獲得には、仕様がポイントになります。
仕様とは、「3段×5リール」や「4段×6リール」などのスロットマシンの造りを指します。

この他、落ちゲー系のスロットマシン、拡張系のスロットマシン、メガウエイ系のスロットマシンなど様々な仕様があります。
一般に有効となるライン数が増えると、複数ラインで配当を生じる可能性が生まれるため高額配当が出やすくなります。

端的な視点で見れば、有効ライン数が多いスロットマシンではBonusゲームの獲得の確率が下がり、有効ライン数の少ないスロットマシンではBonusゲームの獲得の確率が高くなると言えます。

スロットマシンの確率を見るボーナスゲーム編

スロットマシンの確率を見る視点から、Bonusゲームのゲーム仕様は非常に重要な要素になります。

超高配当が期待できるスロットマシンのBonusゲームなら確率が低くなり、そこそこの配当が期待できるスロットマシンのBonusゲームならその確率は高くなります。

当然と言えば当然の結果ですが、Bonusゲームの仕様でBonusゲームの獲得確率は変わってくるのです。

スロットマシンのBonusゲームの獲得確率

スロットマシンのBonusゲーム獲得は勝敗を左右する重要な要素です。
その為、スロットマシンのBonusゲームの獲得確率は非常に重要な指標になります。

残念なことにスロットマシンの使用説明書には、その獲得確率は記されていません。

低ボラティリティーのスロットマシンでは、概ね150回~250回に1回程度の確率でBonusゲームの獲得が期待できます。
あくまでも一般論なので、機種間での差異はそれなりにあることは理解しておいてください。

一方、高ボラティリティーのスロットマシンでは、概ね300回~600回に1回程度の確率でBonusゲームの獲得が期待できます。

とはいえ、Bonusゲームを獲得できた場合の勝利金額の期待値も、機種間で相応に差異があるのでひとくくりに語れない側面もあります。

スロットマシンの確率を確認する方法

スロットマシンの確率を確認する方法
スロットマシンの確率を確認する方法として有効な方法は、デモプレイを活用する方法です。
オンラインカジノで提供されているスロットマシンは、ほぼ全機種デモプレイ機能が搭載されています。

つまり、実際の賭けを行わずに仕様や確率の確認ができることになります。
確認すべき項目はいくつかあります。

まずは、資金の減り具合です。
これは100回ほどのデモプレイを行えば簡単に確認できます。
100回ほどのデモプレイで、資金が半分程度減少するスロットマシンは低ボラティリティーに該当するスロットマシンとの判断が可能です。

逆に70%~85%ほど減少するスロットマシンは、高ボラティリティーのスロットマシンに該当します。
次いで、Bonusゲーム獲得までに、回転数とBonusゲーム時に獲得できる賞金額を確認します。

1回だけの獲得では、仕様確認程度しかできませんから、厳密に確率を確認したいのであれば、3回程度のBonusゲームの獲得をする必要があります。
3回ほど確認できれば、その平均回転数や平均配当から、期待値を導き出すことが可能になります。

スロットマシンの確率のまとめ

スロットマシンの確率の目安としてRTPが用いられますが、これは何万ゲーム、何十万ゲームと非常に数多くのゲームをプレイした場合に期待できる数値です。
その為、数千ゲーム程度のゲーム数では差異が大きく生じるため、スロットマシンの勝率を推し量ることが難しいと言えます。

また、スロットマシンで勝利のキーになるのはBonusゲームの獲得です。
その獲得確率は実際に遊んでみないとわからないのが、スロットマシンの現状です。

しかし、この側面には、デモプレイを利用することである程度の対応が可能です。
少なくとも、Bonusゲームの獲得確率、Bonusゲーム獲得時の期待できる賞金額などの目安は得られることになります。

このように、スロットマシンの確率はRTPのみでは確認することができません。

資金が潤沢にあるのであれば、実際にプレイをして確認するのも良いですが、デモプレイを有効に活用し、スロットマシンの確率を見極めるのが有効と言える現実があるのです。

負けないで利益も積めるココモ法

ココモ法のメリット

ココモ法のメリット

オンラインカジノは基本的にカジノ店でプレイできるゲームは一通り揃えられています。
バカラにポーカー、ブラックジャック、ルーレット、スロットマシーンなど人気のカジノゲームをいつでも好きな時にオンラインで楽しめます。
配当に関してもカジノ店とさほど変わらないので、オンラインカジノを利用すれば海外のカジノ店に足を運ばなくてもカジノゲームでギャンブルを行うことができます。

そして、カジノ店のゲームをオンラインでプレイできるということは、カジノ店のゲームに使える攻略法も使用できるということです。
カジノゲーム用の攻略法は数多くあるので、プレイするゲームに相応しい攻略法を用いれば、負けることなく大きな利益を手に入れることが可能となります。

オンラインカジノで使える攻略法の中で、もっと広く知られているのがマーチンゲール法です。
1回勝てば負けを取り返せることからオンラインカジノの必勝法とも言われています。
そうしたマーチンゲール法を改良し、より使用しやすくしたのがココモ法です。

やはりどうしてもマーチンゲール法の印象が強く、ココモ法の存在はそれほど目立っていませんが、その使いやすさからココモ法にこだわって勝負を重ねているプレイヤーも少なくはありません。
ココモ法は、マーチンゲールのメリットである1回勝てば負けを取り返せるという部分はしっかりと引き継ぎながらも、マーチンゲール法のデメリットであるベット額の上昇を抑えた攻略法です。

しかも連敗が多くなればなるほど1回の勝ちで得られる利益も大きくなるので、ある程度連敗が続いても不安を感じることなく安心して勝負を続行していくことができます。
マーチンゲール法は連敗の回数に関係なく、どこで勝っても得られる利益は初回ベット額分なので、この利益の点から考えてもココモ法の方が魅力的な攻略法であると言えるでしょう。

ココモ法のデメリット

ココモ法のデメリット

ココモ法は負けないだけでなく利益も残せる優れた攻略法ですが、まったくデメリットがないというわけではありません。
マーチンゲール法は2倍配当のゲームに使用できる攻略法ですが、ココモ法は3倍配当のゲームで効果を発揮する攻略法です。

オンラインカジノの3倍配当のゲームはルーレットのダズンベット、カラムベット以外にはありません。
ルーレットが好きな方にとっては特に問題はないと思いますが、バカラやブラックジャック、ポーカーなどのカードゲームが好きだという方にとっては、飽きずに楽しみながらプレイするのは難しいかもしれません。

そして、マーチンゲール法は勝率50%前後の2倍配当のゲームに使用するので、長く連敗が続くことは少ないのですが、ココモ法の場合は書肆30%前後の3倍配当のゲームに使用するので、5連敗、6連敗と長く連敗が続いてしまうこともよくあります。

ベット額の上昇も緩やかなので、特別不安を感じることはありませんが、最初のベット額を大きくしてしまうと、ベットリミットに達してしまう可能性もあります。
ですので、まずはミニマムベットから初めて様子を見ながらベット額を上げていくようにしましょう。

ココモ法の使い方

ココモ法の使い方

マーチンゲール法は負ける度にベット額を倍にしていくという賭け方でしたが、ココモ法は負けた場合、前回、前々回のベット額を足した額をベットしていきます。
ですので、初回ゲーム、2回目のゲームのベット額は1単位となります。

初回ゲームのベット額は1単位で、負けると損益の合計は-1単位、勝つと利益は+2単位となります。
2回目のゲームのベット額は1単位で、負けると損益の合計は-2単位、勝つと利益は+1単位となります。
3回目のゲームのベット額は2単位となります。負けると損益の合計は-4単位、勝つと利益は+2単位となります。
4回目のゲームのベット額は3単位となります。負けると損益の合計は-7単位、勝つと利益は+2単位となります。
5回目のゲームのベット額は5単位となります。負けると損益の合計は-12単位、勝つと利益は+3単位となります。
6回目のゲームのベット額は8単位となります。負けると損益の合計は-20単位、勝つと利益は+4単位となります。
7回目のゲームのベット額は13単位となります。負けると損益の合計は-33単位、勝つと利益は+6単位となります。
8回目のゲームのベット額は21単位となります。負けると損益の合計は-54単位、勝つと利益は+9単位となります。
9回目のゲームのベット額は34単位となります。負けると損益の合計は-88単位、勝つと利益は+14単位となります。
10回目のゲームのベット額は55単位となります。負けると損益の合計は-143単位、勝つと利益は+22単位となります。

マーチンゲール法の場合は、9連敗し10ゲーム目に差しかかった際のベット額は512単位にまで膨らんでしまいます。
ココモ法は10回目のゲームでもベット額は55単位にまでしか膨らまないので、資金に余裕があまりないという方でも十分使用することができるでしょう。

先達カジノの経験と単純明快さを併せ持ったカジノ

シンプルカジノは安全に遊べるオンラインカジノ

シンプルカジノは安全に遊べるオンラインカジノ
シンプルカジノは2019年秋にHero Gaming社によりリリースされた新しいオンラインカジノです。
シンプルカジノを運営するHero Gaming社は、日本でも有名なあのカジ旅も運営している会社で、他にもいくつものオンラインカジノを運営しています。

ゲームのプレイに集中できるようゲーム以外の要素を極力省き、シンプルさを追求していることがカジノ名の由来です。
実際にシンプルカジノにアクセスして頂ければすぐにわかりますが、シンプルカジノのサイトはオンラインカジノならではの派手さがなく、その代わりにどこにどう繋がっているのかを一目で知れる作りになっています。
そのため、肝心のゲームへもすぐに辿り着けるので、アクセス後ワンクリック、ワンタッチでゲームをプレイすることが可能となっています。

オンラインカジノは実際のカジノ店とは違い、アカウントの登録から入出金まですべて端末の画面上で行うことになります。
自分の目で実際に確かめることができないため、運営実績の少ないオンラインカジノはプレイヤーから敬遠されがちです。
しかしシンプルカジノは、オンラインカジノ業界において新参者という立ち位置にありながらも、Hero Gaming社がリリースしたことにより安全に遊べるオンラインカジノとして日本人プレイヤーを中心に高い人気を得ています。

実際のところシンプルカジノの安全性はどうなのかというと、キュラソーライセンスを取得し運営しているため、運営、ソフトウェア、決済どれを取っても安全に利用することができます。
また、キュラソーライセンスを取得すると、運営後もキュラソー政府による監視が続くので、万が一ライセンスを取得した時のサービスクオリティを下回ってしまうと、即刻運営停止とされてしまいます。
シンプルカジノはもちろんこうした運営停止になったことはなく、運営時から現在まで変わらない質の高いサービスを提供しています。

運営実績が少ない新しいオンラインカジノは安全性に欠けるといった印象を持たれてしまいがちですが、シンプルカジノはこのように運営会社、ライセンス共に信頼性に優れていますので、いつでも安全にゲームを楽しむことができます。

初回入金から受け取れるリベートボーナス

初回入金から受け取れるリベートボーナス

オンラインカジノの魅力の1つにウェルカムボーナスがあります。
入金額の100%を最大で500ドル程度受け取ることができるので、自己資金が少なくてもその倍の資金でゲームをプレイすることが可能となっています。
上手くいけば、自分の資金に一切手を付けることなく、宝くじ並の大金を手にすることができるので、プレイヤーにとってウェルカムボーナスはオンラインカジノ選びの1つの要素となっています。

シンプルカジノがオープンした当時はこのウェルカムボーナスを用意していましたが、現在はウェルカムボーナスの付与を行っていません。
これはシンプルカジノの運営になにか問題があったからではなく、ウェルカムボーナス以上に魅力的なボーナス提供を始めたからです。

現在シンプルカジノではリベートボーナスの付与を行っています。
リベートボーナスというのは、ベット額の一部がキャッシュバックされるボーナスのことで、シンプルカジノでは1週間のベット額の総額の0.5%を上限1000ドルまでキャッシュバックしています。

このリベートボーナスは期限が決められていないので、現在のところ、1週間ごとにキャッシュバックを受けることができます。
そして、リベートボーナスを受け取るための条件はとても簡単で、入金を15ドル以上し、2ドル以上ベットするだけで自動的にリベートボーナスの対象となります。

また、受け取ったボーナスを出金するには賭け条件を満たす必要がありますが、リベートボーナスの賭け条件をボーナス額の1倍とかなり低く設定されています。
一般的なウェルカムボーナスの場合はボーナス額の30倍前後が賭け条件となっているので、ウェルカムボーナスと比べると出金のしやすは段違いです。
こうした魅力あるリベートボーナスを取り入れているというのもシンプルカジノの魅力の一つであり、人気を支える要因となっています。

1500種類以上のゲームをプレイできる

1500種類以上のゲームをプレイできる
シンプルカジノはゲーム数に関しても優れていて現在1500種類以上のゲームが用意されています。
提携しているゲームのプロバイダーは、ネットエントやマイクロゲーミング、プレインゴー、エボリューションゲーミングといった業界トップクラスの大手プロバイダーばかりです。
こういった大手プロバイダーと提携しているというのも安全性の高いオンラインカジノである証です。

プロバイダー側は信頼のおける運営会社でなければゲームの提供を行いません。
万が一ゲームを提供したオンラインカジノで不正等が起こってしまうと、プロバイダー側のイメージもダウンしてしまうので、大手になればなるほどプロバイダー側の審査も厳しくなります。
シンプルカジノはリリースされたばかりながらも、多くの大手プロバイダーと提携しているので、このことからも安全なオンラインカジノであることが証明されています。

また、6倍速でスロットマシーンをプレイできるBlitzモードが搭載されているゲームがあったり、シンプルカジノでしかプレイできない自社開発のゲームがあったりと、肝心のゲーム面においても利用するにあたってのメリットがあります。

ソフトウェア業界のリーディングカンパニー

今まであまりギャンブルに関心のなかった人でも、オンラインカジノの登場で心持ちが大きく変わってきた方も居られるかと思います。

オンラインカジノとは、インターネットでカジノサイトにアクセスして、お金を賭けて配当金を稼ぐことができるオンライン型ギャンブルです。
オンライン対戦ゲームやソーシャルゲームのような感覚でできるネットカジノなので、場所や時間を気にすることなく、自分の好きな時間にエントリーできる点がオンラインカジノのメリットです。

そんなオンラインカジノの肝となるのが専用のソフトウェアですが、これらソフト制作している企業としては、マイクロゲーミング、プレイテック、ネットエントです。
数多くあるソフトウェアプロバイダーの中でも、業界を引っ張っていくリーダー的な存在でもあります。

マイクロゲーミング社

マイクロゲーミング社
1994年に設立したマイクロゲーミング社は、オンラインカジノソフトウェア会社の中で、最も歴史が長く数々の実績を残してきた最大手の企業で絶大な信用を持つ会社です。

世界的に有名なカジノサイトの多くが同社ソフトを採用していますが、資金力が豊かでないとソフトを導することが難しいほどでした。
そのことからマイクロゲーミング系を採用しているだけで、優良カジノとして、多くのプレイヤーが集まっていました。

マイクロゲーミングが提供しているゲームソフトは、昔懐かしいレトロな雰囲気を残しつつ、卓越したグラフィックやサウンドで、とても高級感のあるクオリティーに仕上がっています。
これらのソフトで賭けると、すぐにゴージャスな気分になれるのです。

マイクロゲーミング社の素晴らしさはそれだけはありません。
業界を古くから見つめてきた会社だけに長い経験とノウハウが蓄積されています。
その結果、サーバー運用も常に安定しており、多くのカジノサイトに不安を与えるようなことがありません。
これは同社が創業して以来、1度も大きなサーバーダウンがないことからも、高い技術力を持っているかが分かります。

ソフト数も多く、カジノスタジオのディーラーとネット越しにゲームの駆け引き楽しめるライブカジノのゲームも多く手掛けていますし、定期的に新しいソフトも発表されています。
ゲーム数では、それまでのビデオスロットを含めると600種類を超える規模で、多くのゲームで、往年のギャンブラーでも新しい感覚で楽しみ続けることができるのです。

プレイテック社

プレイテック社
プレイテック社は1999年に設立されたゲームソフトウェア会社で、同社ソフトを契約するカジノの選定には、かなり厳選された方法を取る所でも知られています。
そのためにプレイテックのソフトウェアを扱うオンラインカジノは、大変信頼の高いカジノとしてのステータスを持つことができます。

大手ソフトウェア会社の中では一番歴史が浅いのですが、創業開始から着実に業績を伸ばし、ロンドン証券取引所に上場を果たし、今でもさらに伸び続けており、世界14ヵ国に拠点を持つ巨大ゲームプロバイダーとなっています。

ゲームでは、マーベルシリーズがとても高い評価を誇っており、オンラインカジノではあまりにも有名ゲームで名が広まっています。
「アメコミキャラスロット=プレイテック系スロット」というイメージさえあるほどの人気度です。

プレイテックのゲームは、スロットの他にビデオポーカーなどのテーブルゲーム、ライブゲームシステムまでオールラウンドで手掛けてられています。
その中でも、スロットやビデオポーカーはとてもパワフルで、エントリーすると、すぐにゲームの魅力に引き込まれて行くようです。
スロットの場合はオッズが1000倍を超えることもあるので、その興奮度も半端ではありません。

ネットエント社

ネットエント社
ネットエント社は1996年にできたスウェーデンでのゲーム会社で、正式社名はネットエンターテインメント社。
今では「ネットエント」のブランド名で世界中のオンラインカジノのプレイヤーから親しまれています。
それは、シンプルな作りなので、誰でもすぐに直感的に使える理解しやすいゲームだからです。
扱いやすく、ビギナーでもすぐ楽しめるゲームとして、オンラインカジノ業界では知らない人はいないほどのメジャーなプロバイダーに成長しています。

同社が作るゲームは独創性の強い一方でシンプルなものが多く、プレイ画面が見やすいことでも定評があり、コインベットの状態表示や獲得賞金情報もすぐに確認できるシステムになっているので、初心者でも、迷うことなく安心して楽しめる仕様が際立っています。

特に同社ゲームソフトはダウンロードすることなく、いきなりプレイ段階に入ることができるのですが、ダウンロードレス方式が世界に普及したのもネットエントの活動の結果であり、業界における同社の貢献度は、とても大きいのです。
ノーダウンロードだけにとてもシンプルな作りになっていますが、ゲームのクオリティーはしっかりしていて、世界ゲームランキングを見ても、その質は業界トップクラスと言えます。

ちなみにネットエントでは、「スターバースト」という大人気ゲーミングがありますが、シンプルさを素直に実現しているゲームと言っても過言ではありません。
シンプルがゆえに、ビギナーから往年ギャンブラーまで、魅せられています。

また、「ツインスピン」というゲームも人気を博していますが、2リールが同時に回転して同じ図柄でストップし、ランダムで発生する同時回転リールの増加も大変楽しく、全回転になることで、全ての絵柄が揃ってストップすることもあります。

大きなボーナスはないのですが、楽しくてハマることはほぼ間違いありません。
シンプルなゲームこそ、ネットエントがこだわるスタイルなのです。

ライブゲームに移りつつある主戦場

バカラはライブゲーム形式でも楽しめる

バカラはライブゲーム形式でも楽しめる

年を追うごとに徐々に多くなっているライブゲームですが、バカラもライブゲームに対応するようになりました。
バカラはライブゲームとして提供できるメリットを持っているほか、プログラムによる処理が簡単に進むため、ディーラーを採用したライブゲームでも比較的早くゲームを進められる良さがあります。

ライブゲーム形式を採用しているオンラインカジノの中には、ライブゲームで遊んでもらうための対策を進めているところも多数あります。
ライブゲームを数多く導入しているオンラインカジノが増えている中、ライブバカラという部分に特化してサービスを提供しようと考えているオンラインカジノも登場しているのです。

オンラインカジノならライブゲームでバカラを

バカラはプログラム相手のゲームが多い傾向となっていましたが、その傾向も徐々に変わりつつあります。
現在はライブゲームでも遊べるように工夫されており、ライブ感のあるゲームが遊べるようになりました。
その結果、今までのプログラムを相手にしているバカラとは異なり、より迫力と興奮を覚えられるバカラが展開されるようになりました。

今まではプログラム相手のバカラで遊ぶ傾向が多かったため、トランプの偏りがわかりづらい傾向にありました。
偏りがわからないと大きな勝負に踏み込めないなどの問題があり、大きな賭け金を利用して勝負するのは難しい状況でした。
しかし、ライブゲームが登場したことによって、トランプの偏りがある程度わかりやすくなり、同時にトランプの偏りを推理しておけば、ある程度勝ちやすい環境に名なってきているのも事実です。

ライブゲームが導入されることにより、トランプの配布などで信頼性が格段に向上しているほか、偏りによってバカラで勝つのはどちらなのか推理しつつ勝負できる環境が整備されるようになりました。
同時にプログラムによるバカラよりも迫力と興奮、更にはディーラーと真剣勝負が出来る環境が整えられたことで、遊びやすい傾向が強まりました。
今後もライブゲーム形式のバカラはかなり増えるため、これからのために遊び方を覚えるといいでしょう。

スピーディーな試合運びはライブゲーム向き

スピーディーな試合運びはライブゲーム向き

バカラはライブゲームでも比較的早い処理を可能にしているため、スムーズなゲーム運びとなっています。
プログラムの時と同じように処理が可能となっており、すぐに利益などを還元できるのです。
こうした素早い試合運びはかなり遊びやすいという特徴に繋がっています。
ライブゲーム形式のバカラは、比較的遊びやすい環境が整えられているため、これからライブゲームに挑戦したいと考えている方にもおすすめです。

ライブゲームの処理はゲームによって異なります。
ゲームの処理がかなり早く進められる場合もあれば、遅い処理しかできないゲームもあります。
オンラインカジノはソフトウェア会社との間でしっかりと処理できるように調整していますが、今でもライブゲームの進行速度はゲームごとに異なっているのです。

そんな中でも、かなり早いゲーム処理を実現しているのがバカラであり、非常に遊びやすいという評判を得ています。
ライブゲームで遊びやすくなっているのは、一勝負一勝負の処理が早く完了するという部分も影響しています。

同時にライブゲームで遊びやすくするため、ソフトウェア開発を担当している会社もしっかり処理を考えており、バカラの動きに合わせてすぐに処理できる状況を作りだしています。
開発がしっかり進められたことにより、現在はライブゲームの動きに合わせてお金の処理が簡単にできるようになりました。

バカラは今後もライブゲームが主体となる

バカラは今後もライブゲームが主体となる

バカラで遊ぶユーザーは今後もライブゲームが主体となるでしょう。
ライブゲームの方が勝率を高められる可能性がある他、ライブゲームで延々と遊んでも処理が重くなるなどの問題が起こらないからです。
軽やかなゲーム運びを堪能できるという特徴もあり、ライブゲームでもプログラムと同様にしっかりと遊べる環境が整備されています。
もちろんライブゲームで遊びたいと考えている人は、しっかりと軍資金を調達しなければなりません。

軍資金不足などの影響により、バカラを楽しめない状態に陥ることだけは避けましょう。
最初のうちは多めに軍資金を準備しておき、延々とゲームを楽しめるように準備しましょう。
そしてゲームを続けて遊んでいることで、バカラの攻略法をしっかりと得ておくのです。

攻略法がしっかり得られるようになっていれば、最終的には大きな利益に代わるでしょう。
利益を得られるまで頑張って遊ぶためにも、ライブゲームで必要なお金を用意しておくのです。

新時代のギャンブルを形作る構成骨子

もうインターネットが私達の生活の中で、普及からとても大きな流れが生まれてきました。
それはビジネスのワークスタイルにしかり、アミューズメントの世界でもそうです。
その中でもこの数年で大きく進化してきたのが、ギャンブルの世界かもしれません。

オンラインカジノの歴史

「アンティグア・パーブーダ」という国の名前を知っている人は、どれだけいるでしょうか?
ここはギャンブルの世界では知る人ぞ知る国で、イギリス連邦に加盟している、世界で初めてオンラインカジノのライセンスを発行する法律を作った国なのです。

オンラインカジノの歴史

オンラインカジノとは、インターネット上でプレイして実際にベットして配当金まで稼ぐことができる本格的なカジノです。
バーチャル空間で行うために、オンライン対戦型のゲームの延長と誤解されることもあるのですが、本場カジノの全く同じことがネットでできる、最先端のギャンブルと言っても過言ではないのです。

その運営許可証を1990年代前半に「アンティグア・パーブーダ」がライセンス法案を可決したことからスタートしたわけです。
今では、世界中に1000以上のカジノサイトがひしめいており、世界中から24時間ひっきりなしにプレイヤーがこぞって集まっているのです。

オンラインカジノの構成

オンラインカジノは、インターネット上のバーチャル空間でのギャンブルゲームです。
したがって、ライセンスを取得した運営者(胴元)が運営サーバーを設置して、そこにカジノ専用のアプリを入れて立ち上げる仕組みです。
ここに多数のプレイヤーがアクセスをしてゲームに参加して賭けていくことになります。

オンラインカジノで公開されているゲームの数は500種類とも600種類とも言われていますか、ベースとなるゲームは本場カジノのようにポーカー、ブラックジャック、バカラ、ルーレット、スロットになります。
これらから多くの種類のコンテンツが制作されて、豊富な数のゲームでプレイすることができるようになっているのです。

また、最新ではビデオコンテンツだけでなく、実写で配信するライブカジノも新たな境地を開拓してきます。
カメラで実際にルーレットやカードを扱うディーラーの動きを撮影して配信しているので、非常に臨場感のあるゲームで楽しむことができるようになっています。
今ではオンラインカジノの大きな流れを作るまでの分野になっています。

オンラインカジノの魅力・特徴

オンラインカジノの魅力・特徴

このような動きを見せているオンラインカジノの魅力は、その全てを語ると膨大な話になり尽きることがないのですが、その中でも特に大きな魅力は、手軽に参加できて大きな配当金をゲットできるチャンスでしょう。

ほんの数年前までは、パソコン利用に限定されていたオンラインカジノですが、スマートフォンの普及を契機にモバイル対応もするようになってきたのです。
これがまた爆発的な人気を呼ぶことになり、プレイヤー人口を一気に引き上げたと言ってもいいくらいです。
そのおかげで、オンラインカジノはネットが繋がる環境さえあれば、何時でも何処からでも参加できる手軽さが生まれてきたわけです。
今では、光回線やWi-Fiスポットも増えてきたことから、さらに高画質のコンテンツを楽しめます。

そして、気になる配当金ですが、ゲームによっては、数千万円クラスの配当金を稼ぐことができるゲームもあります。
それはスロットマシンで、あのパチンコ店にあるスロットより、スピーディーな展開でカラフルなCGコンテンツが高精細な絵柄を楽しく回してくれ、ジャックポットをヒットさせることで莫大な報酬を手にすることができるのです。
過去には日本円にして、4億円を越えるジャックポットがでています。

実際には日本人も数千万円台のジャックポットをヒットさせているので、オンラインカジノドリームも決して他人事ではありません。

オンラインカジノで気になる法的観点

オンラインカジノで気になる法的観点

でも、ここで気になるのは、オンラインカジノの合法性です。
昨年、やっと日本でもカジノ法案が可決されたのですが、それでも本格的なカジノ場が運営されるまでには、しばらく時間がかかることでしょう。

そのように考えると、本来ならば、競馬や競輪などの公営ギャンブル以外は全て違法行為とされそうなのですが、オンラインカジノとなると、事情が変わってきます。
オンラインカジノが運営されているのは、海外のサーバーで日本からはそこにアクセスをしてギャンブルに参加しているために、日本国内での賭博行為とは断定されないのです。
このことから、オンラインカジノは違法とは言えないわけです。

但し、オンラインカジノを認める法律もないので、大手を振って合法的とは言えないのも事実。
そのことからグレーゾーンのギャンブルと言えるでしょう。
それでも、パチンコと同じようにプレイして稼ぐことがことができるのですから、後のチャンスを逃す手はありません。
積極的にアプローチして夢を現実にしていく方がかしこい楽しみ方です。