エコペイズでオンラインカジノに入金する時のデメリットと注意点

エコペイズでオンラインカジノに入金する時のデメリットと注意点
エコペイズはイギリスを拠点とする企業が運営している、オンラインカジノに特化した世界中で使われているオンライン決済サービスです。
ウェブサイトやアプリもすべて日本語表示に対応しており、大手をはじめほとんどのオンラインカジノが導入しているので、複数のオンラインカジノで遊んでいる方もまとめて資金を管理できます。
エコペイズへの入金に関しては、銀行口座からの振込に対応しているほか、現金化のために指定の銀行口座に出金することも可能となっています。
このようにオンラインカジノの決済サービスをとしてメリットが大きいエコペイズですが、利用する際はデメリットを知ることも必要です。
ここでは、オンラインカジノでエコペイズを使う際のデメリットについて解説してきたいと思います。

長く使用しないと口座維持手数料が引き落とされる

基本的にエコペイズには口座維持に手数料はかかりませんが、例外的に長期間に渡ってアカウントを放置した場合、維持費が発生し自動的に残高から差し引かれるケースがあるので注意が必要です。
放置したと見なされる期間は12カ月で、次の13カ月目から毎月1.5ユーロの口座維持手数料が差し引かれます。
これを防止をするには12カ月に達する前にエコペイズにログインするか、もしくは手数料を差し引かれないよう残高を0にしておくことが必要です。
ちなみに入出金は必要なく、エコペイズにログインするだけで使用したと判断され放置期間はリセットされます。
1.5ユーロと言うと些細な金額ではありますが、スロットゲームを何回か回せる金額でもありますので、たまにログインして手数料が発生しないようにするのが最善でしょう。

シルバーへのアップグレードが必須

エコペイズの口座を開設したばかりの状態だと、会員レベルが低い状態なので複数の機能制限がかけられています。
会員レベルは5段階あり、「クラシック」「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」「VIP」となっていて、開設直後は最低のクラシックです。
クラシックでは、オンラインカジノへの入金は問題ありませんが、出金やエコペイズユーザー感の送金機能もロックされています。
しかもクラシックのままだと通貨の換算手数料も高く、使えば使うほど損をする状態なので、できるだけ早い段階で会員レベルをアップグレードすることをおすすめします。
というのも、会員レベルのアップグレード条件は簡単で、登録したメールアドレス認証、セキュリティの質問設定、本人確認書類と住所証明書類の提示などとなっており、この手続きはもちろん無料です。
エコペイズをオンラインカジノで使う際は、会員レベルをシルバーにアップグレードすることが必須であることを忘れないようにしましょう。

ATMから直接出金ができない

ATMから直接出金ができない
様々なメリットがあるエコペイズですが、ATMから直接出金できないという欠点もあります。
実は以前はエコカードというものがあり、日本国内でもATMから現金を引き出せましたが、現在は諸事情により不可能となっています。
エコカード自体は今も存在しますが、これをATMで使用できるのはユーロ圏内に限定され他国では使えなくなってしまい、その結果、出金する手段が減ってしまいました。
エコペイズの口座から直接ATMで出金は無理ですが、エコペイズからいつも使用している銀行口座に出金することで、間接的にATMから現金化することは可能です。
スティックペイというオンライン決済サービスがあり、ATMから直接出金が可能ですが、しかしエコペイズのように多くのオンラインカジノに対応しているわけではありません。
従って、総合的なメリットで見るとエコペイズが圧倒的にオンラインカジノの決済サービスには向いていると言えます。

クレジットカードを使った入金には非対応

様々な入金手段が用意されているエコペイズですが、実はクレジットカードからの直接入金はできない仕様となっています。
しばらく前まではクレジットカードでも入金出来たのですが、クレジットカード会社の会員規約が変更され、大手ブランドのクレジットカードはオンラインカジノで使えなくなってしまったのです。
このような状態なので、エコペイズに入金するためのおすすめ手段は、日頃使っている銀行口座からの銀行振込がお手軽で便利です。
またエコペイズは仮想通貨にも対応しているので、もしビットコインなどのウォレットをすでに開設しているのであれば、手数料もかからずおすすめできる入金手段です。

まとめ

まとめ
オンラインカジノ界隈で利用者が増えているオンライン決済サービスのエコペイズに関するデメリットや注意点を解説してきましたが、参考になったでしょうか?
利用する前に知っておくべきデメリットとしては、「長期放置による口座維持手数料の発生」「会員レベルのアップグレードが必須」「ATMからの直接出金が不可」「クレジットカードを使った直接入金はできない」の4つです。
これらのデメリットを予め理解しておくことで、実際に利用を始めてから混乱することを防ぐことができます。

ブラックジャックでおすすめの人気ゲーム4選を紹介!

オンラインカジノの中でもブラックジャックはとても人気のあるカテゴリーのゲームで、各社から様々な趣向を凝らしたものが導入されています。
とはいえ基本ルールはすべて同じなので、ブラックジャックのルールを知っていれば誰でも気軽に遊べるのが魅力で、様々な演出やペイアウト率の違いから、自分の好みのゲームを選択することができます。

ここでは、オンラインカジノでおすすめの人気ブラックジャック4選を紹介していきたいとおもいます。
オンラインカジノで面白いブラックジャックを探している方は、ぜひ参考にしてください。

一人でサクサクと遊べる「First Person Blackjack」

一人でサクサクと遊べる「First Person Blackjack」

オンラインカジノで遊べる「First Person Blackjack」は、エボリューションゲーミング社が開発したプレイヤーが単独でプレイできるブラックジャックで、テーブルにほかのプレイヤーがいないのでサクサクとゲームが進むのが特徴です。

ライブカジノではありませんが、実写のような美しいグラフィックで、豪華な演出の中ブラックジャックを楽しむことができます。
すでに説明したように、テーブルにはプレイヤー1人しかいないので、ほかのプレイヤーのアクションを待つ必要がなく、超スピードでゲームが進みます。

最大で5ハンドを駆使することができ、それぞれ2,500ドルのベットが可能で、5つのハンドを使うことで、なんと最大12,500ドルまでベットすることができます。
多額の賭け金を使ってとにかくゲームを回したいというハイローラーにピッタリのブラックジャックとなっています。

アドバイス付きで初心者向け「Relax Blackjack」

オンラインカジノで遊べる Relax Blackjack」は、初心者向けのブラックジャックで、ゲーム内でアドバイスを受けることができるのが特徴です。
ブラックジャックで重要なのが、ヒットやスタンド、ダブルダウンなどのアクションの使いどころの見極めです。

Relax Blackjackは、その名の通りプレイヤーがリラックスしていても、適切なタイミングでアクションに関するアドバイスをしてくれるので、有利なゲーム運びができるだけでなく、ブラックジャックのルールを学ぶこともできます。
初心者の方は、Relax Blackjackを使って基本ルールや攻略法をマスターしましょう。
アドバイス付きで初心者向け「Relax Blackjack」

1つのデッキだけで遊ぶ「Single Deck Blackjack」

オンラインカジノで遊べる「Single Deck Blackjack」は、業界大手のプレインゴウ社が開発したブラックジャックで、1つのデッキ(1組のカード)だけを使ってゲームが進行するのが特徴です。
一般的なブラックジャックは8組のデッキ(416枚)を使ってゲームが進みますが、Single Deck Blackjackはその名の通り、たった1デッキ(52枚)でゲームが行われるのです。

つまりSingle Deck Blackjackは圧倒的にカードの種類が少ないので、カードの予測においてプレイヤーが非常に有利な立場になるということです。
勝ちやすさを示すペイアウト率は98.89%と、オンラインカジノでは比較的高く、カードの少なさも相まって様々な攻略法もより効果的となっています。

しかしブラックジャックで有名な攻略法であるカードカウンティングは、逆にカードが少ないのであまり使う意味がなくなっています。
普通にプレイしてもカードの見極めが簡単なので、初心者にもおすすめのブラックジャックとなっています。

ディーラーの手の内が丸見え「Double Exposure Blackjack」

ディーラーの手の内が丸見え「Double Exposure Blackjack」

オンラインカジノで遊べる「Double Exposure Blackjack」は、普通は見えないディーラーのカードが全部プレイヤー側に見えてしまうという、変わり種のブラックジャックとなっています。
普通のブラックジャックのルールでは、ディーラーのカードは1枚のみ見ることができ、もう1枚は伏せて見えませんが、このDouble Exposure Blackjackではディーラーカードが2枚とも丸見えで、プレイヤーは有利にアクションを選択できます。

さらにDouble Exposure Blackjackの魅力として、ペイアウト率が99.04%とほかのブラックジャックとくらべ高く設定してあるので、かなり勝ちやすくなっています。
このようにプレイヤーに有利なルールがある一方で、ナチュラルブラックジャックの配当が2倍に抑えられ、引き分けの場合はディーラーの勝ちとなるなど不利な点もあるので注意してプレイしましょう。

まとめ

オンラインカジノでおすすめの人気ブラックジャック4選を紹介してきましたが、ゲーム選びの参考になったでしょうか?
1つのデッキだけでゲームが進行する「Single Deck Blackjack」、ディーラーのカードが丸見えの「Double Exposure Blackjack」、1人でサクサクと遊べるFirst Person Blackjack」、アドバイス付きで初心者に嬉しい「Relax Blackjack」の4つのゲームはとてもおすすめなのでぜひプレイしてみてください。

初心者の方はRelax Blackjackでルールを学ぶことをおすすめします。
オンラインカジノのベラジョンカジノに登録しているのであれば、すぐにRelax Blackjackをあそぶことができます。
基本ルールの次は、カウンティングなどの攻略法をマスターして、テクニックに磨きをかけましょう。

カジノシークレットが日本人プレイヤーから評判な理由

カジノシークレットも他の多くのオンラインカジノ同様、海外を拠点にしたオンラインカジノです。
マルタにてライセンスを取得し、営業しているのですが、日本人向けとされているオンラインカジノです。
実際日本人からの人気も高いのですが、なぜそこまで日本人から支持を集めているのか、その理由をいくつかご紹介しましょう。

きめ細かいサービスが日本人に向いている

きめ細かいサービスが日本人に向いている
カジノシークレットは2018年から営業を行っているオンラインカジノです。
オンラインカジノとしては後発組で、比較的新しい部類に入ります。
そんなカジノシークレットですが、後発組だからこそ、先発組に負けないようにときめ細かいサービスを多数用意しているのですが、その点が日本人の価値観や風習にマッチしているとの評価を受けています。

先にもお伝えしたように、オンラインカジノは海外のサービスです。
そのため、海外の文化・価値観・風習が如実に表れており、どこか大雑把なものも珍しくありません。
例えば演出に関しても、派手ではあるものの連続性がないものだったりなど、日本人が楽しいと思うこととは微妙にずれたものも珍しくありません。

その点カジノシークレットは日本人好みのきめ細かいサービスを多数用意しています。
例えばサポート。
オンラインカジノでは大きなトラブルが発生するケースなどそうそうありません。
それでも「いざ」「もしも」の時のことを考えるのが日本人の気質ですが、カジノシークレットではライブチャットによるサポートが用意されています。
しかも日本語に対応しています。

つまり、いざという時にはすぐに日本語で質問し、すぐに答えをもらえます。
この点は、迅速に対応してもらいたいとのニーズを持っている日本人との相性もぴったりです。

頻繁に更新される点が安心をもたらす

頻繁に更新される点が安心をもたらす
カジノシークレットは頻繁にゲームを追加します。
既に2,000以上のゲームが用意されているカジノシークレットですが、毎日のように新作ゲームを追加しています。

また、twitterの公式アカウントも開設し、情報発信を行っています。
これにより、カジノシークレットは決して放置されているオンラインカジノではなく、しっかりと手を加えられているオンラインカジノだとのイメージを持てるのではないでしょうか。

オンラインカジノは海外のサービスなので、多少の不安を抱えている日本人プレイヤーもいるかもしれませんが、更新も多く、かつtwitterアカウントも開設し、日本語にて情報発信を行っていますので、決して放置されているのではなく、しっかりと管理されているオンラインカジノとの印象を持つ人も多いことでしょう。

先のサポート同様、カジノシークレットはいざという時にすぐに対応してくれるであろうという安心感を感じさせるオンラインカジノです。

スポーツチームとパートナーシップを締結

スポーツチームとパートナーシップを締結
カジノシークレットはギリシャのサッカーチーム、「PAOK FC」とパートナーシップを締結しています。
欧米ではスポーツチームは社会的価値の高いものとされており、スポーツチームのスポンサードを行っている企業は、信頼感を高めます。

カジノシークレットが提携したPAOK FCはギリシャの強豪チームで、ギリシャ国内だけではなく、欧州リーグに参戦することもあるので、サッカーマニアであれば名前を聞いたことのあるチームです。
その点もまた、カジノシークレットの信頼感に繋がっているのではないでしょうか。

もしもですが、カジノシークレットが怪しい団体であればサッカーチームのスポンサーになることなどできないでしょう。
ましてやギリシャ国内有数の強豪チームのスポンサーなのです。
この点だけでも安心できる理由になるのではないでしょうか。

ホームページが不自然な日本語ではない

カジノシークレットの公式ホームページにアクセスすると、日本語にて記載されています。
海外のサービスであるオンラインカジノではありますが、多くのオンラインカジノでは日本語に対応した公式ホームページを持っています。

しかし、中には翻訳ソフトを駆使しただけと思われるような、少々不自然な日本語が記載されているオンラインカジノもあります。
対応してくれているだけで良いと考えることもできますが、果たしてそのようなオンラインカジノに本当に日本語サポートが期待できるのかという不安を持つ人もいるでしょう。

その点カジノシークレットは、不自然な日本語が見当たりません。
いずれも自然な日本語によるサイト構成となっていますので、安心できる人も多いでしょう。

日本人でも安心できるカジノシークレット

カジノシークレットの特徴を知ると、日本人ではあっても安心できる環境が整えられていることが分かるのではないでしょうか。
海外のサービスであるオンラインカジノではありますが、カジノシークレットであれば、海外のサービスだと意識せず、自然な形で利用できることでしょう。

オンラインカジノでよく使われている入金手段エコペイズ

大手オンラインカジノのほぼ全てで採用している入金方法「エコペイズ」は、簡単スピーディーに入金可能なオンライン決済サービスです。
オンライン決済サービスには、他にもたくさんの種類がありますが、その中でもエコペイズが選ばれるのには理由があります。

まさにオンライン決済サービスの代表格と言っても決して過言ではありません。
そこで今回の記事では、オンラインカジノでよく使われている入金手段エコペイズの特徴についてまとめてみました。
エコペイズとはどんなサービスなのか?どうしてエコペイズが選ばれるのか?入金方法にはどんなものがあるのか?などを詳しくご紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

国際的なオンライン決済サービス

国際的なオンライン決済サービス
エコペイズは、世界159の国と地域、全45通貨に対応した国際的なオンライン決済サービスで、通貨の種類関係なく、お金の送金や受け取りが可能です。
特にオンラインカジノやブックメーカーなどのギャンブルサイトの入金手段として広く使われており、もちろん出金時にも使うことができます。
エコペイズへ出金したら、あとは日本の銀行口座へ送金し、ATMや窓口で現金として受け取ることができます。

またオンラインカジノやブックメーカー以外にも、エコペイズユーザー同士の送金も可能なため、銀行に代わる送金手段としても使われています。
最近ではエコペイズをビジネス資金口座として採用している企業も多いことから、どれだけ信頼性あるオンライン決済サービスなのかご理解いただけるかと思います。

数多くのオンラインカジノで使える

オンラインカジノで使える入金方法として、クレジットカードやデビットカード、仮想通貨、各種オンライン決済サービス、銀行送金など色々とあります。
その中でも最も使われているのがオンライン決済サービスのエコペイズであるため、今では数多くのオンラインカジノでエコペイズを採用しています。

逆にエコペイズを採用していないオンラインカジノを探す方が難しいと言えるほど、エコペイズは広く使われています。
このことから、複数のオンラインカジノで遊ぶプレイヤーにとって、全てまとめて資金管理ができるエコペイズは、まさに理想的な入金手段なのです。

完全日本語対応で安心

完全日本語対応で安心
エコペイズはイギリスの企業が運営するオンライン決済サービスですが、完全日本語で利用することができます。
海外の企業ですと「どうしても英語が苦手で・・・」と躊躇してしまうものですが、エコペイズはサイト表示はもちろんのこと、サポートも日本語で問い合わせすることができます。

サポートには電話かリアルタイムチャット、メールから選べ、日本語に対応しているのはメールのみとなりますが、24時間365日受け付けてくれます。
注意点としまして、エコペイズには日本人スタッフがいなく、日本語メールのチェックは海外のスタッフが対応します。

ですので、あまり難しい日本語ですとしっかりと伝えることができない可能性がありますので、日常会話レベルのシンプルな日本語を使い、簡潔にまとめるようにしましょう。
このように、エコペイズは完全日本語対応ですので、英語が苦手な方や、海外のオンライン決済サービスを初めて利用される方も安心です。

スマホアプリで外出先でも簡単資金管理

スマホアプリで外出先でも簡単資金管理
エコペイズはパソコンのブラウザ版だけではなく、専用のスマホアプリをインストールして使うこともできます。
エコペイズの公式アプリであり、iPhone版とAndroid版がリリースされており、エコペイズの公式サイト、またはAPP STOREやGoogle Playからダウンロードすることができます。

エコペイズのスマホアプリはブラウザ版とほぼ同様の機能が使えますし、ブラウザ版と同様に完全日本語対応されていますのでご安心ください。
予めインストールしておくことで、外出先やちょっとしたスキマ時間を利用して資金管理が可能となり、いつでもどこでもオンラインカジノへ入金できます。

エコペイズへ登録したら、是非ともアプリのインストールも同時にしておくことをおすすめします。

まとめ

今回は、オンラインカジノでよく使われている入金手段エコペイズの特徴についてまとめてみましたが、ご理解いただけましたでしょうか?
エコペイズはイギリス政府機関から認可を受けて展開しているオンライン決済サービスであり、安全性と信頼性は抜群です。

また世界中にユーザーがおり、その信頼性からほとんどのオンラインカジノでエコペイズを使った入金ができますので、エコペイズのアカウントを一つ開設しておくことで、複数のオンラインカジノの一元管理が可能となります。

さらにエコペイズは完全日本語対応で、サイト内表示はもちろんのこと、メールを使うことで日本語による問い合わせも可能です。
専用のアプリもリリースされており、パソコンが無い環境でも、インターネットにさえ繋がっていれば、いつでもどこでもオンラインカジノへ入金できますし、資金管理にもとっても便利です。
オンラインカジノへの入金方法でお悩みでしたら、まずはエコペイズのアカウントを開設してみてはいかがでしょうか。

マーチンゲール法とモンテカルロ法は定番のゲーム以外に使える?

マーチンゲール法とモンテカルロ法をオンラインカジノで使う場合、定番のカジノゲームのプレイをイメージするのはないでしょうか。
例えば、ルーレットやブラックジャック、あるいはバカラといったゲームがそれに当たります。

しかし、それ以外のゲームでオンラインカジノ上においてマーチンゲール法とモンテカルロ法は使えるのでしょうか。
そこで今回は、オンラインカジノでマーチンゲール法とモンテカルロ法が使えるゲームは他にないかを紹介します。

思いつくのはビッグホイールと大小

思いつくのはビッグホイールと大小
オンラインカジノのゲームは、意外と多くの種類があります。
実はその中でもマーチンゲール法とモンテカルロ法の運用が可能なゲームがいくつかあります。
オンラインカジノによっては、ビッグホイールや大小といったゲームも公開されていることが少なくありません。

これらのゲームは、2倍配当のベットも可能なので、マーチンゲール法とモンテカルロ法が使えます。
ここでは、この2つのゲームがどんなものか紹介していきましょう。

ビックホイールとは

ビックホイールとは
まず、ビッグホイールは、ルーレットにそっくりなゲームです。
回転するホイールに書かれた数字に矢印(クラッパー)がどこに止まるかを予想し、ベットする内容です。

実際のカジノであれば、ディーラーがホイールを回転させてクラッパーがホイールを止めます。
そのクラッパーが指し示す数字で当選が決まる仕組みです。

基本は、こういった内容ですが、名称がマネーホイールだったり、クラッパーの代わりに光が止まったところで当選が決まったりします。
また、ホイールの数字も54区画に分かれてるものが一般的で、52区画などオンラインカジノの機種によって若干異なるのも特徴です。

ベットの仕方は、マネーホイールの下にあるテーブルにシートがあり、賭けたい場所へチップを置いていきます。
ただ、ベットの方法がルーレットと異なります。

まず、2倍配当の場合は、24か所ある「1」にベットし、次に3倍配当の場合は、15か所ある「2」にベットするという流れです。
ただ、結論を言えばこのゲームは対応しているものの、そこまでオンラインカジノでマーチンゲール法とモンテカルロ法をおすすめするゲームではありません。

理由として、当選確率の低さとハウスエッジの存在が挙げられます。
ここまでの文を読んでいただいてお気づきの方もいると思いますが、2倍配当でも当選確率が50%ではないということです。

54ないし52あるシンボルの中から24か所しか当たる場所がありません。
確率にして44.4~46.2%、これはわずかに数%程度の差と思われがちです。
しかし、マーチンゲール法とモンテカルロ法の運用を行う上で損失のリスクが高まることを意味します。

定番のゲームの確率が限りなく50%に近いことを考えると、利用できるものの、やや使いにくいといえるでしょう。
問題なのはハウスエッジがあることです。
ルーレットにそっくりなビッグホイールは、ハウスエッジが存在します。
オンラインカジノによって異なりますが、その比率は2倍配当で約11.1%、3倍配当に至っては約16.67%です。

理論上マーチンゲール法とモンテカルロ法が使えるものの、利益の面でいえば現実的ではありません。
もちろんハウスエッジの比率が低いところもありますが、利益のいくらかを取られてしまうのは弱点です。

大小もマーチンゲール法とモンテカルロ法が使える

大小もマーチンゲール法とモンテカルロ法が使える
オンラインカジノには大小(シックボー)と呼ばれるゲームもあります。
こちらもマーチンゲール法とモンテカルロ法が使えます。
別名「Sic-bo」「タイサイ」とも呼ばれ、実際のカジノではマカオなどアジアのカジノで見かるゲームです。

このゲームもオンラインカジノでは忠実に再現されているケースがあります。
ダイス(サイコロ)3つの合計数や組み合わせを予想するもので、ルーレットに通じるゲームといえます。
こちらも様々なベット方法がありますが、マーチンゲール法とモンテカルロ法で使えるのはワンダイと大小のベット法です。

これらは2倍配当のベット法です。
ワンダイは、ダイスの数字1~6のうちいずれかにベットする方法で、3つのうちいずれかのダイスでベットした数字が出たら当選です。
大小は、丁半ばくちに似ていますが、出目の合計が11~17で大、4~10が小のいずれかを予想します。
こちらは確率の面でルーレットに近い倍率なので、マーチンゲール法とモンテカルロ法が使いやすい印象です。

例えば、大小の出現率は、それぞれ48.6%とルーレットの2倍配当のベットとそこまで変わりません。
ただ、このゲームも実はハウスエッジを設定しているオンラインカジノがあります。
比率は異なりますが、多くの場合数%程度です。
ビッグホイールよりは少ない金額ですが、こういったルールがあるのがネックです。
定番のマーチンゲール法とモンテカルロ法のゲームに比べるとハウスエッジの分、利用しにくいかもしれません。

ルーレットの勝ちかたをある程度理解しているのに勝てない原因

様々なルーレットの勝ちかたをある程度勉強してきたのに、いくらベットしても勝てないのには原因があります。
ルーレットというのは運に左右されるゲームではありますが、正しい勝ちかたを理解することで負けにくく勝ちやすくなります。
だからこそルーレットで勝てない原因を知っておくことが重要であり、それを改善することによって、夢の総合収支常勝も決して不可能ではなくなります。

そこで今回は、ルーレットの勝ちかたをある程度理解しているのに勝てない原因について詳しくご紹介していきたいと思います。
全くルーレットの勝ちかたを理解していない方にとっても非常に大切な内容ですので、皆様の参考になれば嬉しいです。

波を読まず闇雲にベットしている

波を読まず闇雲にベットしている
ルーレットは運に左右されるギャンブルではありますが、波を読まずに闇雲にベットするのは勝てない原因となります。
ルーレットには過去に出た数字が一定数表示されており、それを見ることである程度波を知ることができます。

例えば連続4回黒が出ていれば次も黒、一桁数字が並んでいれば次も一桁、一定数置きに0が出ていれば、その一定数後に0、という波です。
もちろんこの波が確実に次ゲームで訪れるとは限りませんが、ルーレットのような運要素の強いギャンブルに波は付き物であり、実際にその波通りに動くことが多々あります。

そんな波を一切気にせずに、ただ闇雲に好きな数字にベットし続けていたところで、勝てるのも勝てなくなってしまいます。

目標額が明確ではない

ルーレットはいつでもどんなタイミングでも常に参加できるギャンブルであり、特にオンラインカジノのような24時間365日稼働しているルーレットでは、目標額設定が非常に重要です。

目標額を設定せずに遊び続けてしまうと、資金が湯水の如く減っていき、いつか必ず資金が底をつく事態に陥ってしまいます。
だからこそ「いくら勝ったらそこでスパッと止める」という目標額を明確にしておく必要があります。

注意点として、目標額に達成する時というのは、自分でも驚くほど波に乗っている時であり、「まだまだこんなものじゃない!まだ勝てる!」と考えてしまうことです。
確かに波に乗っている時というのは、止めたくなくなるものですが、そこは強い意思を持ち、目標額を達成した時点ですぐにルーレットから離れましょう。

冷静さを失っている

冷静さを失っている
ルーレットは、一度そのテーブルに付いたら毎回ベットしなければいけないわけではなく、ベットせずにただ結果を見守るのも問題ありません。
これを「ルック」と言い、日本語では「見(ケン)」と呼ぶこともあります。

特に負けが続く悪い波に飲み込まれてしまっている時には、一旦ルックを活用して、冷静になりましょう。
ルーレットでは冷静さが大切であり、もし冷静さを失いギャンブル魂に火が付くことで、あとは大敗に向かって一直線に進んでしまうだけです。
そのような事態を招いてしまわないためにも、ルックで冷静さを取り戻し、完全にリフレッシュしてから勝負を再開することが重要です。

損切りする覚悟を持っていない

損切りする覚悟を持っていない
負けた金額を受け入れる「損切り」の覚悟を持っていなければ、ルーレットで勝つことはできません。
どんなにルーレットの勝ちかたを理解していたとしても、損切りができなければ、最終的な収支はマイナス域に終わってしまうことでしょう。
負けた状態でルーレットのテーブルを離れるのは悔しいかと思いますが、損切りというのは、あらゆるギャンブル、あらゆる投資に必要不可欠なことなのです。

例えば「30,000円使って勝てなければ、その時点で止める」のように、ご自分の資金力から損切り金額を決めておきましょう。
ここで重要となるのが、「ここまで多額のお金をベットしたのだから、そろそろ勝てるはず」と考え、損切りタイミングを見失ってしまうことです。

そろそろ勝てる根拠はどこにあるのでしょうか?
ルーレットは運に左右されるギャンブルですし、勝てるはずという根拠はどこにもありません。

競馬や競艇などではある程度の根拠はありますが、ルーレットには一切ありません。
損切りの金額を決めておき、その金額に到達したらどんなに自信があったとしても、必ず損切りするという覚悟を決めることが、ルーレットの勝ちかたなのです。

まとめ

今回は、ルーレットの勝ちかたをある程度理解しているのに勝てない原因についてご紹介させていただきましたが、思い当たる節はありましたか?
波を読まず闇雲にベットしている、目標額が明確ではない、冷静さを失っている、損切りする覚悟を持っていないのうち、どれか一つでも今の自分に該当していたら、すぐにそれを改善しましょう。

ルーレットで勝てない原因がわかっていれば、それを改善するだけで、びっくりするほど負ける確率が低くなるはずです。
あとはルーレットの攻略法や必勝法などの勝ちかたを正しく実践することで、いつどんなタイミングでも常勝できる能力が身に付きます。
ペイアウト率94.7%~98.65%にもなるルーレットなのですから、国内でプレイできるギャンブルの中でも圧倒的に勝ちやすいのです。

ネットカジノで金儲けをするために必要なこと

ギャンブルで生計をたてている人が少なからずいることは知られています。
日本では、「パチプロ」や「スロプロ」と呼ばれる人たちが良く知られていますが、公営競技にも同様の人は存在します。

世界に目を広げるとよく知られているのは、プロポーカープレイヤーと言われる人たちです。
特に、このポーカーは高額な賞金が課せられるトーナメントや世界大会が開催されるので有名です。
これらのギャンブルで生計をたてる人がいるのなら、ネットカジノでも同様に生計をたてている人がいるのでしょうか。

また、ネットカジノで金儲けをすることはできるのでしょうか。
様々な角度から見ていくことにします。

ネットカジノのカジノゲームは多彩

ネットカジノのカジノゲームは多彩
ネットカジノのゲームは非常に多彩です。
ライブカジノには、バカラ・ブラックジャック・ルーレット・ポーカーなどがあります。

これらのゲームはソフトゲームでも楽しむことができます。
さらに、スロットマシンも楽しめるのがネットカジノです。

この中で、金儲けに適しているゲームは何でしょう。
スロットマシンは、時に大きな勝利を得ることができますが、勝つ確率が低すぎて「稼ぐ」という意味では適さない現実があります。
一方テーブルゲームは、約5割の確率で勝利することができるので、「稼ぐ」という意味では適するゲームと言えるでしょう。

ルーレットで稼ぐ

ルーレットは確率のゲームと言われます。
ルーレットにおいては、特定の出目の出現がする確率は、どの数字も理論上は約2.7%です。
少ないゲーム数では、この確率に大きな偏りが生じますが、その確率は「大数の法則」と呼ばれる法則に則って、理論上の確率に限りなく近づくことになります。

また、攻略法や必勝法と言われるベット方法の利用も可能です。
カジノを潰したと噂されるほどのモンテカルロ法や、ココモ法などをうまく活用することで勝率を上げる事が可能です。

ブラックジャックで稼ぐ

ブラックジャックで稼ぐ

ブラックジャックで稼ぐために最も有効な手段は、カウンティングと言われています。
もちろんネットカジノ側も対応をしています。
ブラックジャックは8デッキと言われる8セットのカードで、ゲームを行うのが一般的です。
そして、ゲームでは、すべてのカードを使わずに半分ぐらいのカードを使用したら、シャッフルをすることで、プレイヤーがカウンティングの効果を得られないように対応しています。

しかし、カウンティングは残りのカードを予測するのに有効で、ネットカジノの特性から堂々とカードをカウントしても問題が生じません。
これがランドカジノだと間違えなく、注意をされて、退場を求められることになります。
このように、ブラックジャックではカウンティングをすることで勝率を上げる事ができます。

バカラで稼ぐ

バカラは、FXや株のレードに似た側面を持つゲームです。
FXなどでは価格や相場の変動がチャートと呼ばれるグラフで表示され、上がるタイミングや下がるタイミングをある程度予測することができます。

バカラでは、罫線と呼ばれるゲーム履歴から同様にプレイヤーの勝ち、バンカーの勝ちを予測できる要素があります。
投資で稼ぐことができるように、バカラでも稼ぐことが可能になるということです。

稼ぐために必要なこと

稼ぐために必要なこと

ネットカジノを利用して金儲けをする。
つまり稼ぐことができるのかと言えば、出来ると言えることになります。

その為に必要なことは何でしょう。
これも面白いことに投資と非常に似ている側面があります。
先ずは、資金管理です。自己資金をしっかりと管理をするということは、決して資金を0にしないことが大切になります。

その為には、ダメな時は手を引き、行ける時は大きく勝負をする必要が生じます。
また、引く場合も勝負をする場合もしっかりとした根拠が必要になります。
根拠を持たずに賭けを行えば、なぜ負けたか、なぜ勝ったかの検証ができません。

引く時も勝負する時にも明確な根拠が必要になるのです。
バカラ、ブラックジャック、ルーレットといったゲームで根拠を持って賭けをするためには、ゲームに対する知識、最適な攻略法の選択、流れを読む力などが必要になります。

ネットカジノで金儲けをすることの難しさ

ネットカジノはビジネスですからカジノ側が利益を得られるように仕組みが作られています。
その中で「稼ぐ」ことになればその難しさは想像ができるはずです。
FXなどの投資も同様です。

取引を行うことで利益が得られる仕組みの中で、投資家は取引を行って利益を出しています。
この事実を踏まえれば、非常に構図の似ているネットカジノでも「稼ぐ」ことは、可能と言えます。

ただし、そのことは投資家全てが利益を得られているわけでない事実と同様に、一部のネットカジノプレイヤーに限られるということになります。
つまりは、誰よりも資金管理力に長け、ゲームのルールや攻略法の知識が豊富にあり、経験からどの攻略法を活用するかといった判断を的確に行える力を身に付ける必要があるということです。

お金を稼ぐのは何をしても大変なことです。
ネットカジノで稼ぐのも同様に大変なことと言え、努力が必要と言えるのです。

初心者でも安全に安心して遊べるベラジョンカジノ

はじめに

ベラジョンカジノは2011年にキュラソー州からライセンスの認証を受けて運営を始めたオンラインカジノ業者です。
また、2021年現在で10年近い運営実績があり、世界的にも信頼性の高い大手のオンラインカジノとして有名です。

更に、カジノが非合法である日本で、ベラジョンカジノは、早くから日本人の利用者を対象にしたサービスを展開してきました。
サイトの日本語対応だけでなく、サポーも日本人スタッフが対応しており、初心者でも安心して遊べるカジノなのです。

ベラジョンカジノは、安全・安心して遊べるカジノですが、その安全性が担保されている仕組みは、余り知られていません。
ここからは、ベラジョンカジノが初心者でも安全に安心して遊べる仕組みと理由についてお伝えします。

政府からのライセンス発行

政府からのライセンス発行

オンラインカジノのサイトは、例外なく日本国外にサーバーが置かれ、海外の企業が運営しています。
オンラインカジノは、日本での認証は受けていませんが、運営企業が属する国が発行した国際ライセンスを取得しています。

この、国際ライセンスがオンラインカジノの安全性と信頼性を担保する証明書になっているのです。
オンラインカジノの国際ライセンスの取得には、政府や公的機関による厳しい審査や検査が必要になります。
そうした基準をパスした業者だけが、日本人向けにオンラインカジノのサービスを提供しているのです。

ライセンス取得の要件

カジノ業者が政府発行の国際ライセンスを取得するためには、次のような要件をクリアする必要性があるのです。

・ソフトウェアの公平性の確保

・運営に必要な財政基盤

・経営の適切性の確保

・マフィアなどの反社会的勢力を排除する仕組みの有無

・マネーロンダリングを排除する仕組みの有無

・いわゆるイカサマ行為を防止する仕組みの適切性

属する国によって詳細は異なりますが、こうした基準や要件を満たして、初めて国際ライセンスが発行されるのです。
しかし、ライセンスは一度取得すれば、それで終わりではありません。

ライセンスを取得した後も定期的な運営状況の審査や、第三者機関による検査などにパスする必要があります。
また、オンラインカジノの運営企業は、ライセンスの発行や審査、検査にかかる費用を負担する必要もあります。

こうした厳しい基準や要件をクリアしているからこそ、政府から業者にライセンスが発行されているのです。
それによって、利用者が安心して安全にカジノで遊べる環境が整備されていると言えます。 
業者が取得しているライセンスは、規約に記載されている他、公式サイトにも掲示されています。

独立した第三者機関による監査

イーコグラ(eCOGRA)
独立した第三者機関による監査

RNGと言われる乱数生成プログラムは、オンラインカジノを運営する上で欠かせないソフトウェアです。
このソフトは、ディールするカードやジャックポットの抽選などカジノ運営には欠かせないツールになっています。
ギャンブルには、偶然性が欠かせないので、こうしたソフトウェアはオンラインカジノの根幹を構成していると言えます。

このソフトウェアの不正運用の有無をチェックするために、eCOGRA(イーコグラ)という独立した第三者機関が設置されています。
イーコグラは、カジノゲームでの公平、公正さを担保する役割を担うと同時に利用者の保護も行っていると言えます。  
また、オンラインカジノ業者には、ライセンスを発行した政府とイーコグラが運営状況について抜き打ちで検査を行います。

こうしたシステムによって、イカサマのような不正行為ができないような仕組みが構築されています。
イーコグラは、利用者が安心して安全にオンラインカジノで遊べるための環境整備を担っているのです。   

TST

TSTは、カジノゲームのソフトウェアなどの技術面に関する審査を行なう第三者機関です。
オンラインカジノでは、ほとんどの業者がプレイテック社製のゲームソフトを導入しています。

これらのソフトウェアは全てTSTが審査・監査しています。
TSTはカジノゲームソフトの内容を審査、監査する事によってカジノの信頼性や安全性を担保しています。
独立した第三者機関による監査

おわりに

ここまで、ベラジョンカジノを始めとするオンラインカジノ業者のライセンス取得基準や審査についてお伝えしてきました。
こうしたシステムが整備されているおかげで、ベラジョンカジノは初心者でも安心して安全に遊べるのです。

オンラインカジノは、日本国内では、未だ社会的に認知された存在だとは言えないのが現状です。
しかし、ベラジョンカジノはニッポン放送のラジオ番組であるオールナイトニッポンのスポンサーにもなっています。
日本国内では、胡散臭いイメージを持たれていたオンラインカジノの認知度を高める先駆者となりつつあるのです。

カジ旅の出金方法と出金時間

カジ旅の出金手段

カジ旅の出金手段

以下が、カジ旅で使用できる出金手段の一覧です。

・ecoPayz(エコペイズ)

出金限度額:MIN15~MAX10,000ドル
手数料:1~2回目は無料。
3回目から出金額の3%
処理時間:24時間以内

・Venus Point(ヴィーナスポイント)

出金限度額:MIN15~MAX2,000ドル
手数料:1~2回目は無料。
3回目から出金額の3%
処理時間:24時間以内

・仮想通貨

出金限度額:MIN15ドル~10,000ドル
手数料:1~2回目は無料。
3回目から出金額の3%
処理時間:24時間以内

以上のように、カジ旅ではカジノからの銀行振り込みなどの直接的な出金は行えません。

とは言え、エコペイズやヴィーナスポイントといった電子決済サービスに登録さえしておけば、原則即日での出金が行えるため非常に便利です。

カジ旅の出金にかかる時間

カジ旅の出金にかかる時間

▲各出金手段毎の出金時間の目安

カジ旅の出金にかかる時間は、出金手段によってまちまちですが、ネットの口コミをまとめるとおおよそで以下の通りとなっています。

なお、記載している目安時間については、あくまでも平均です。

手続き状況によっては、時間が大きく変動する場合もあるため注意して下さい。

・エコペイズ…5~6時間
・ヴィーナスポイント…30~1時間
・仮想通貨…0分(ほぼリアルタイム)

以上のように、各出金手段にかかる所要時間は「エコペイズ>ヴィーナスポイント>仮想通貨」という順になっています。

この中で、一番出金完了までに時間がかかりやすいのがエコペイズですが、1度の出金で10,000ドルまで出金できるというメリットがあります。

続いて、ヴィーナスポイントは出金限度額が最大2,000ドルまでというデメリットがあるものの、エコペイズと比べて出金完了までの時間が早いのがメリットです。

また、仮想通貨はエコペイズやヴィーナスポイントと比べて口座開設に手間がかかるのがネックですが、ほぼリアルタイムで出金処理が行われる利点は大きいです。

このように、それぞれに出金時間だけでは測れないメリットデメリットがあるので、そういった部分を合わせて自分に合った出金手段を選んでいくようにしましょう。

▲24時間以内に出勤されない場合はどうすればいい?

カジ旅の出金処理は、原則として出金申請から24時間以内には完了します。

しかし、手続きや本人確認書類などに不備があった場合は、確認や再提出のために出金完了までに24時間以上かかってしまうケースもあります。

特に初めての出金の際には、確認処理に時間が掛かってしまうことが多いので、カジ旅で初めて出金を行う方は1~2日ほどは気長に待ってみましょう。

ただし、それ以外の場合で24時間以内に出金処理が行われない場合は、カジ旅側の手違いで手続きが遅れている可能性があります。

そう言った場合はトランザクションID(取引ID)を添えて、カジ旅のサポートセンターに問い合わせを行うようにしましょう。

その際に手続きに不備などが無ければ、そこから各出金手段に応じた目安時間程度で出金が行われます。

カジ旅の出金手順

カジ旅では以下の手順で簡単に出金申請が行えます。

手順はパソコン版に沿って解説していますが、スマホでプレイしている場合も基本は同じです。

①カジ旅公式サイトにログイン

②画面上の「お財布」またはコインマークの横にある残高表示をクリック

※全体画面以外で開いている場合は「お財布」は表示されず、画面右下にコインマークが表示されます。

③入金ページが開いたら「入金」タブをクリック

④出金手段を選択しクリック

⑤入力欄が表示されたら、選択した出金手段のアカウントIDを入力

⑥出金する金額を入力

⑦「ご出金」ボタンを押して出金完了!

カジ旅で出金時の注意点

カジ旅で出金時の注意点

▲出金は入金時と同じ方法でしかできない

カジ旅だけに限ったことではありませんが、基本的に多くのネットカジノでは入金時と別の方法で出金を行うことはできません。

つまり、月3回目以降の出金にかかる手数料を、出金手段を分けることで節約するということも不可能ということです。

そのため、あまりこまめに出金をしすぎると手数料がかさんでしまうことになるため、カジ旅の出金はできるだけ計画的に行うようにしましょう。

▲初回出金時には本人確認が必要

これもカジ旅に限ったことではありませんが、カジ旅に登録してから初めての出金を行う場合は本人確認書類の提出が必須です。

また、1回の出金が1,000ドル以上もしくは累計出金額が2,300ドルを超えるような場合も、本人確認書類の提出を求められる場合があります。

これはマネーロンダリングなどの犯罪を防ぐ目的で行われている物ですので、身分証等の提出を求められたらきちんと応じてあげるようにしましょう。

なお、本人確認書類として認められる物は以下のような物です。

・顔写真付きの身分証明書(運転免許証、パスポートなど)
・公共料金の明細書

身分証明書の提出はメールのみで完結するので、とても簡単です。

基本的には一度提出してしまえば再度提出を求められることは無いので、できるだけ早めに手続きを済ませておくのがおすすめです。

▲出金条件に注意

カジ旅をはじめとした多くのネットカジノには、勝利金の出金をするために見たしておくべき条件があります。

カジ旅の場合は「ボーナス額×20倍以上のベット」が出金条件になっており、ベット額がそれに満たない場合は出金を行うことができません。

例えば入金ボーナスに100ドルを受け取った場合、その20倍の2,000ドルのベットが必要ということになります(勝敗は関係なく蓄積される)。

なお、カジ旅で遊べるゲームによって、ベット額として反映される割合に以下のような違いがあります。

・スロット(一部機種を除く)…100%反映
・カードゲーム(ライブカジノを除く)…ベット額の10%が反映
・ルーレット、バカラ、ライブカジノ…ベット額の5%が反映

なお、カジ旅ではボーナスを受け取らない場合の出金条件が「入金額の1倍」となっていますが、基本的にボーナスを受け取らないメリットは少ないです。

カジ旅の出金条件は、他のネットカジノと比べても比較的優しい方なので意識しなくても、すぐに出金条件を満たすことができます。

初回登録時や入金時に無料でチップやフリースピンをもらえるメリットの方が遥かに大きいので、カジ旅のボーナスはできるだけ毎回受け取るようにしましょう。

クレジットカード入金制限額を上げる方法

オンラインカジノは、クレジットカードの入金が便利で、即時に金額が反映されるというメリットがあります。
ただし、クレジットカードには入金額の制限がつくのが一般的で、一回ごとの制限や月ごとの制限が存在します。

「どれだけオンラインカジノで遊んでいるか?」も重要で、VIP待遇で制限が緩くなるケースがあるのもポイントです。
高額な賭けを楽しみたい場合や、お金の使いすぎが気になる場合は、入金制限に注目するとストレスを減らすことができます。

入金制限額はオンラインカジノ毎に違う

入金制限額はオンラインカジノ毎に違う

オンラインカジノのクレジットカード入金制限額は、一回ごと、週ごとなど、期間やカードブランドによって異なります。
例えば、日本で人気のあるオンラインカジノとして有名なベラジョンカジノの場合、Mastercard、JCB、AMEXに対応していてそれぞれ一回2,500ドルまでとなっています。

ベラジョンカジノのクレジットカード入金制限は、アカウントの認証状況によって異なるのも特徴です。
本人確認の状況やアクティブ度に応じて上限額があがっていく仕組みで、登録情報の確認が済むまでは小額の入金しかできないようになっています。

同じく日本で人気のオンラインカジノのラッキーニッキーは、VISAとマスターカードの一回あたりの上限額が5,000ドルと高額です。
他には日に5,000ドル、週7,500ドル、月10,000ドルの制限が存在します。

ラッキーニッキーにはVIPレベルの設定があり、ゴールドランク以上になると入金上限額が大きくなる仕組みです。
また、JCBの場合は一回あたりの上限額が低めに設定されていますが、何度も申請を行えばカードの上限額まで入金が可能です。

オンラインカジノによって入金の最低額、上限額の考え方は異なり、カードブランドによって違いも出ます。
利用状況によって違いが出るため、高額な賭けを楽しみたい場合は一回あたりの入金額が大きいオンラインカジノで、しっかりと必要書類を提出するのがおすすめです。

入金制限がある場合はサポートに連絡

入金制限がある場合はサポートに連絡
クレジットカードの入金制限は、オンラインカジノによって異なります。
制限に不満がある場合は、各オンラインカジノのサポートに連絡するのも方法で、上限額をあげる方法を教えてくれるケースもあります。

例えば、本人確認書類などの提出です。
オンラインカジノは、不正なクレジットカード利用を防ぐために、上限額を設定するのが一般的です。
クレジットカードの使いすぎを防ぐためでもあり、セキュリティの関係で制限を行っているのです。

身分証明証の提出やメールアカウントの確認、電話番号の確認がとれている場合は制限額が引き上げられる可能性があります。
また、VIPであれば制限額が上がるケースも多く、VIPになるための方法などを教えて貰える場合があります。

クレジットカードの入金上限金額に達したら、一度サポートに相談してみるのも方法です。

自分で入金を制限することもできる

クレジットカードの入金制限は、オンラインカジノ側が設定するものだけではありません。
多くのオンラインカジノではプレイヤー自身が入金制限をかけられるようになっていて、お金の使いすぎを防げるようになっています。

一月いくらまでという設定が可能なため、遊びすぎが気になる人も安心してプレイできます。
オンラインカジノの入金制限は、オンラインカジノにログイン後、登録情報、アカウント情報から設定できるのが一般的です。

金額は自分で好きに設定が可能なため、低めに設定することも高めに設定することもできます。
入金制限の変更も簡単で、初回登録時に入金制限を設定できるオンラインカジノも存在します。

クレジットカード以外の入金方法も同程度の制限

オンラインカジノに入金する方法は、クレジットカードだけではありません。
多くのオンラインカジノは電子決済サービスに対応していて、入出金のどちらにも使えるサービスとなっています。

オンラインカジノへの入金だけでなく、受取ができるのが最大の魅力です。
注意したいのは、クレジットカード入金と同様、電子決済サービスにも入金制限が存在することです。

クレジットカードと同程度の制限がつくのが一般的で、より金額が制限されるケースもあります。
一部銀行振り込みに対応するオンラインカジノも存在しますが、そちらにも入金制限が存在します。

安全に遊ぶための制限でもあるため、制限とうまく付き合っていくことや、使いすぎを防ぐ仕組みとして活用することがおすすめです。

制限はうまく利用するのがおすすめ

制限はうまく利用するのがおすすめ
クレジットカードの利用制限は、セキュリティのため、お金の使いすぎを防ぐための仕組みです。
自分の予算に合わせて使う感覚が大切で、賭けすぎの歯止めになってくれます。
自分で入金制限を設定してしまうのも方法で、毎月予算に合わせて遊ぶこともできるのです。

また、ゲームのプレイ状況などに応じ、入金制限が緩くなるのも一般的です。
入金制限が厳しすぎると感じる場合はサポート窓口に相談するのがおすすめになります。

VIP向けのサービスや、上限額を増やす方法を案内してくれることが多いからです。
VIPになれば特別なオファーなどが届くのも特徴で、より自由にオンラインカジノを楽しめるようになります。