バカラで注意すべきこと

バカラは早いタイミングで次を進められない

バカラは早いタイミングで次を進められない

スロットは、1ゲームに必要な時間が短いので、すぐに終わって次のゲームがスタートします。
つまり大量にゲームをプレイできる余地があり、負け続けると一気に減ってしまう可能性もあります。
バカラの場合、ゲームのプレイ時間はそんなに長くありませんが、指定するタイミングなどもあり、スロットよりも早く終わらせることはできません。

処理の都合でバカラは結構時間もかかる

ゲームの処理は、ただ回しているスロットとは大きく異なります。
カードを配って確認して、カードを受け取るのであれば追加のカードを配布する処理が行われます。
しかもカードを配る前に、どちらが勝つのかを指定します。
ユーザーが指定するタイミングを持っているので、ボタン1つでスタートするスロットとは全く異なります。

若干ですが時間がかかってしまい、その処理で何度も遅くなってしまいます。
スロットの場合は、オートプレイによって何度も自動的にスタートさせられますが、バカラの場合は指定する場所があるために、オートプレイが用意されていません。

仮に用意されている場合は、片方しか指定することができないままで、指定した方を延々と賭け続けることになります。
これはタイミングが変わってしまった場合に処理できず、苦労する部分となります。
多くの部分をしっかりと考えていくと、スロットよりも時間がかかるのは明確で、しかも結構処理が遅くなります。

1回のプレイに1分くらいはかかるとされますので、時間が結構長引いてしまいます。
スロットのように、何度もプレイして稼ぐという方法は使いづらいです。

バカラは回数をそこまで多くしない方に有利

バカラは回数をそこまで多くしない方に有利

スロットと違う点は、負けづらい点にあります。
負けやすいゲームの代表格であるスロットは、とにかくハズレの回数が多くなり、当たったとしてもそんなに多くの利益を出さない場合があります。
しかしスロットと違い、バカラは2択のゲームとなっています。
一応引き分け狙いもできますが、3択にするより2択にしたほうが稼ぎやすいとされているので、2択狙いで2倍の賭け金を増やす方法を取ります。

回数をそんなに多くしないものの、稼ぎを増やしたいと思っている場合に有利となります。
多くの金額を稼ぎたいと思っている場合には不利ですが、負けないように賭け続けたいと思っている場合はいいでしょう。
バカラは勝つためには2倍を繰り返していく方法が望ましいので、ゆっくりでもいいから勝ちたい方に向いています。

バカラで負けを覚悟するパターン

バカラでは、負けを覚悟するパターンが多く出ています。
このパターンを理解していると、負けが確定するので諦めが付くでしょう。
意外と多く出て着やすいと言われますが、特にプレイヤーに賭けている時に陥りやすいとされています。
どのパターンが来ても、これはバカラのやり方だと思っていた方がいいですし、こうした傾向も含めて頑張っていくのが望ましいです。

トランプの絵札しか来ない場合

まずは11から13までの絵札ばかり、もしくは10も含めて入っている場合です。
10から13の数字は全て0扱いになりますので、結果的に一番低い数字となります。
バカラは1桁の数字だけを計算しますが、10以上は全て0になってしまいますから、かなり弱い数字であることは間違いありません。
負けパターンの1つとして、絵札しか2枚目までに配布されていなくて、強制的に引かされる状況になったとしても、また絵札が来てしまう状況です。

このパターンは100%負けですし、普通に考えて相手の数字が0のわけはありません。
プレイヤーの数字がある程度わかっているオンラインカジノでは、バカラの数字を簡単に把握して、必要であればカードを引いてきます。
もし相手も0だった場合は、カードを引いてくることがわかるので、相手も絵札しか持っていないと判断できます。
最終的にオンラインカジノの場合は、意外とここで数字を引いて勝ってしまうので、プレイヤーが勝つことは殆どないのです。

最後に引いた数字で低い数字に逆戻り

最後に引いた数字で低い数字に逆戻り

プレイヤーは、5以下の状態であればカードを引くことがルールとされています。
ここで大きな数字になれば勝てると思ったら、5を引いてしまい0になってしまい負けたということも多いです。
これは引いてしまったことで大きな問題になってしまうのですから、できる限り避けたいものです。

でも起こりやすいので仕方ないと言われています。
引いたカードによって、最終的な数字は確定されます。
3枚目の時点で9になっていれば勝てますし、8くらいでも勝てる可能性はあります。

でもオンラインカジノのバカラは、かなり変な数字を出してきて、プレイヤー側が負けやすいように設定することもあります。
最後に引いた数字で、プレイヤー側を期待していたユーザーが大きなショックを受けることも多くあります。
引いた数字で負けてしまうのは嫌なことですが、ルールでは5以下の場合は引くことが要求されますので、引いたカードで0や1になって負けることは多いのです。

コメントを残す