初心者でも安全に安心して遊べるベラジョンカジノ

はじめに

ベラジョンカジノは2011年にキュラソー州からライセンスの認証を受けて運営を始めたオンラインカジノ業者です。
また、2021年現在で10年近い運営実績があり、世界的にも信頼性の高い大手のオンラインカジノとして有名です。

更に、カジノが非合法である日本で、ベラジョンカジノは、早くから日本人の利用者を対象にしたサービスを展開してきました。
サイトの日本語対応だけでなく、サポーも日本人スタッフが対応しており、初心者でも安心して遊べるカジノなのです。

ベラジョンカジノは、安全・安心して遊べるカジノですが、その安全性が担保されている仕組みは、余り知られていません。
ここからは、ベラジョンカジノが初心者でも安全に安心して遊べる仕組みと理由についてお伝えします。

政府からのライセンス発行

政府からのライセンス発行

オンラインカジノのサイトは、例外なく日本国外にサーバーが置かれ、海外の企業が運営しています。
オンラインカジノは、日本での認証は受けていませんが、運営企業が属する国が発行した国際ライセンスを取得しています。

この、国際ライセンスがオンラインカジノの安全性と信頼性を担保する証明書になっているのです。
オンラインカジノの国際ライセンスの取得には、政府や公的機関による厳しい審査や検査が必要になります。
そうした基準をパスした業者だけが、日本人向けにオンラインカジノのサービスを提供しているのです。

ライセンス取得の要件

カジノ業者が政府発行の国際ライセンスを取得するためには、次のような要件をクリアする必要性があるのです。

・ソフトウェアの公平性の確保

・運営に必要な財政基盤

・経営の適切性の確保

・マフィアなどの反社会的勢力を排除する仕組みの有無

・マネーロンダリングを排除する仕組みの有無

・いわゆるイカサマ行為を防止する仕組みの適切性

属する国によって詳細は異なりますが、こうした基準や要件を満たして、初めて国際ライセンスが発行されるのです。
しかし、ライセンスは一度取得すれば、それで終わりではありません。

ライセンスを取得した後も定期的な運営状況の審査や、第三者機関による検査などにパスする必要があります。
また、オンラインカジノの運営企業は、ライセンスの発行や審査、検査にかかる費用を負担する必要もあります。

こうした厳しい基準や要件をクリアしているからこそ、政府から業者にライセンスが発行されているのです。
それによって、利用者が安心して安全にカジノで遊べる環境が整備されていると言えます。 
業者が取得しているライセンスは、規約に記載されている他、公式サイトにも掲示されています。

独立した第三者機関による監査

イーコグラ(eCOGRA)
独立した第三者機関による監査

RNGと言われる乱数生成プログラムは、オンラインカジノを運営する上で欠かせないソフトウェアです。
このソフトは、ディールするカードやジャックポットの抽選などカジノ運営には欠かせないツールになっています。
ギャンブルには、偶然性が欠かせないので、こうしたソフトウェアはオンラインカジノの根幹を構成していると言えます。

このソフトウェアの不正運用の有無をチェックするために、eCOGRA(イーコグラ)という独立した第三者機関が設置されています。
イーコグラは、カジノゲームでの公平、公正さを担保する役割を担うと同時に利用者の保護も行っていると言えます。  
また、オンラインカジノ業者には、ライセンスを発行した政府とイーコグラが運営状況について抜き打ちで検査を行います。

こうしたシステムによって、イカサマのような不正行為ができないような仕組みが構築されています。
イーコグラは、利用者が安心して安全にオンラインカジノで遊べるための環境整備を担っているのです。   

TST

TSTは、カジノゲームのソフトウェアなどの技術面に関する審査を行なう第三者機関です。
オンラインカジノでは、ほとんどの業者がプレイテック社製のゲームソフトを導入しています。

これらのソフトウェアは全てTSTが審査・監査しています。
TSTはカジノゲームソフトの内容を審査、監査する事によってカジノの信頼性や安全性を担保しています。
独立した第三者機関による監査

おわりに

ここまで、ベラジョンカジノを始めとするオンラインカジノ業者のライセンス取得基準や審査についてお伝えしてきました。
こうしたシステムが整備されているおかげで、ベラジョンカジノは初心者でも安心して安全に遊べるのです。

オンラインカジノは、日本国内では、未だ社会的に認知された存在だとは言えないのが現状です。
しかし、ベラジョンカジノはニッポン放送のラジオ番組であるオールナイトニッポンのスポンサーにもなっています。
日本国内では、胡散臭いイメージを持たれていたオンラインカジノの認知度を高める先駆者となりつつあるのです。

カジ旅の出金方法と出金時間

カジ旅の出金手段

カジ旅の出金手段

以下が、カジ旅で使用できる出金手段の一覧です。

・ecoPayz(エコペイズ)

出金限度額:MIN15~MAX10,000ドル
手数料:1~2回目は無料。
3回目から出金額の3%
処理時間:24時間以内

・Venus Point(ヴィーナスポイント)

出金限度額:MIN15~MAX2,000ドル
手数料:1~2回目は無料。
3回目から出金額の3%
処理時間:24時間以内

・仮想通貨

出金限度額:MIN15ドル~10,000ドル
手数料:1~2回目は無料。
3回目から出金額の3%
処理時間:24時間以内

以上のように、カジ旅ではカジノからの銀行振り込みなどの直接的な出金は行えません。

とは言え、エコペイズやヴィーナスポイントといった電子決済サービスに登録さえしておけば、原則即日での出金が行えるため非常に便利です。

カジ旅の出金にかかる時間

カジ旅の出金にかかる時間

▲各出金手段毎の出金時間の目安

カジ旅の出金にかかる時間は、出金手段によってまちまちですが、ネットの口コミをまとめるとおおよそで以下の通りとなっています。

なお、記載している目安時間については、あくまでも平均です。

手続き状況によっては、時間が大きく変動する場合もあるため注意して下さい。

・エコペイズ…5~6時間
・ヴィーナスポイント…30~1時間
・仮想通貨…0分(ほぼリアルタイム)

以上のように、各出金手段にかかる所要時間は「エコペイズ>ヴィーナスポイント>仮想通貨」という順になっています。

この中で、一番出金完了までに時間がかかりやすいのがエコペイズですが、1度の出金で10,000ドルまで出金できるというメリットがあります。

続いて、ヴィーナスポイントは出金限度額が最大2,000ドルまでというデメリットがあるものの、エコペイズと比べて出金完了までの時間が早いのがメリットです。

また、仮想通貨はエコペイズやヴィーナスポイントと比べて口座開設に手間がかかるのがネックですが、ほぼリアルタイムで出金処理が行われる利点は大きいです。

このように、それぞれに出金時間だけでは測れないメリットデメリットがあるので、そういった部分を合わせて自分に合った出金手段を選んでいくようにしましょう。

▲24時間以内に出勤されない場合はどうすればいい?

カジ旅の出金処理は、原則として出金申請から24時間以内には完了します。

しかし、手続きや本人確認書類などに不備があった場合は、確認や再提出のために出金完了までに24時間以上かかってしまうケースもあります。

特に初めての出金の際には、確認処理に時間が掛かってしまうことが多いので、カジ旅で初めて出金を行う方は1~2日ほどは気長に待ってみましょう。

ただし、それ以外の場合で24時間以内に出金処理が行われない場合は、カジ旅側の手違いで手続きが遅れている可能性があります。

そう言った場合はトランザクションID(取引ID)を添えて、カジ旅のサポートセンターに問い合わせを行うようにしましょう。

その際に手続きに不備などが無ければ、そこから各出金手段に応じた目安時間程度で出金が行われます。

カジ旅の出金手順

カジ旅では以下の手順で簡単に出金申請が行えます。

手順はパソコン版に沿って解説していますが、スマホでプレイしている場合も基本は同じです。

①カジ旅公式サイトにログイン

②画面上の「お財布」またはコインマークの横にある残高表示をクリック

※全体画面以外で開いている場合は「お財布」は表示されず、画面右下にコインマークが表示されます。

③入金ページが開いたら「入金」タブをクリック

④出金手段を選択しクリック

⑤入力欄が表示されたら、選択した出金手段のアカウントIDを入力

⑥出金する金額を入力

⑦「ご出金」ボタンを押して出金完了!

カジ旅で出金時の注意点

カジ旅で出金時の注意点

▲出金は入金時と同じ方法でしかできない

カジ旅だけに限ったことではありませんが、基本的に多くのネットカジノでは入金時と別の方法で出金を行うことはできません。

つまり、月3回目以降の出金にかかる手数料を、出金手段を分けることで節約するということも不可能ということです。

そのため、あまりこまめに出金をしすぎると手数料がかさんでしまうことになるため、カジ旅の出金はできるだけ計画的に行うようにしましょう。

▲初回出金時には本人確認が必要

これもカジ旅に限ったことではありませんが、カジ旅に登録してから初めての出金を行う場合は本人確認書類の提出が必須です。

また、1回の出金が1,000ドル以上もしくは累計出金額が2,300ドルを超えるような場合も、本人確認書類の提出を求められる場合があります。

これはマネーロンダリングなどの犯罪を防ぐ目的で行われている物ですので、身分証等の提出を求められたらきちんと応じてあげるようにしましょう。

なお、本人確認書類として認められる物は以下のような物です。

・顔写真付きの身分証明書(運転免許証、パスポートなど)
・公共料金の明細書

身分証明書の提出はメールのみで完結するので、とても簡単です。

基本的には一度提出してしまえば再度提出を求められることは無いので、できるだけ早めに手続きを済ませておくのがおすすめです。

▲出金条件に注意

カジ旅をはじめとした多くのネットカジノには、勝利金の出金をするために見たしておくべき条件があります。

カジ旅の場合は「ボーナス額×20倍以上のベット」が出金条件になっており、ベット額がそれに満たない場合は出金を行うことができません。

例えば入金ボーナスに100ドルを受け取った場合、その20倍の2,000ドルのベットが必要ということになります(勝敗は関係なく蓄積される)。

なお、カジ旅で遊べるゲームによって、ベット額として反映される割合に以下のような違いがあります。

・スロット(一部機種を除く)…100%反映
・カードゲーム(ライブカジノを除く)…ベット額の10%が反映
・ルーレット、バカラ、ライブカジノ…ベット額の5%が反映

なお、カジ旅ではボーナスを受け取らない場合の出金条件が「入金額の1倍」となっていますが、基本的にボーナスを受け取らないメリットは少ないです。

カジ旅の出金条件は、他のネットカジノと比べても比較的優しい方なので意識しなくても、すぐに出金条件を満たすことができます。

初回登録時や入金時に無料でチップやフリースピンをもらえるメリットの方が遥かに大きいので、カジ旅のボーナスはできるだけ毎回受け取るようにしましょう。

クレジットカード入金制限額を上げる方法

オンラインカジノは、クレジットカードの入金が便利で、即時に金額が反映されるというメリットがあります。
ただし、クレジットカードには入金額の制限がつくのが一般的で、一回ごとの制限や月ごとの制限が存在します。

「どれだけオンラインカジノで遊んでいるか?」も重要で、VIP待遇で制限が緩くなるケースがあるのもポイントです。
高額な賭けを楽しみたい場合や、お金の使いすぎが気になる場合は、入金制限に注目するとストレスを減らすことができます。

入金制限額はオンラインカジノ毎に違う

入金制限額はオンラインカジノ毎に違う

オンラインカジノのクレジットカード入金制限額は、一回ごと、週ごとなど、期間やカードブランドによって異なります。
例えば、日本で人気のあるオンラインカジノとして有名なベラジョンカジノの場合、Mastercard、JCB、AMEXに対応していてそれぞれ一回2,500ドルまでとなっています。

ベラジョンカジノのクレジットカード入金制限は、アカウントの認証状況によって異なるのも特徴です。
本人確認の状況やアクティブ度に応じて上限額があがっていく仕組みで、登録情報の確認が済むまでは小額の入金しかできないようになっています。

同じく日本で人気のオンラインカジノのラッキーニッキーは、VISAとマスターカードの一回あたりの上限額が5,000ドルと高額です。
他には日に5,000ドル、週7,500ドル、月10,000ドルの制限が存在します。

ラッキーニッキーにはVIPレベルの設定があり、ゴールドランク以上になると入金上限額が大きくなる仕組みです。
また、JCBの場合は一回あたりの上限額が低めに設定されていますが、何度も申請を行えばカードの上限額まで入金が可能です。

オンラインカジノによって入金の最低額、上限額の考え方は異なり、カードブランドによって違いも出ます。
利用状況によって違いが出るため、高額な賭けを楽しみたい場合は一回あたりの入金額が大きいオンラインカジノで、しっかりと必要書類を提出するのがおすすめです。

入金制限がある場合はサポートに連絡

入金制限がある場合はサポートに連絡
クレジットカードの入金制限は、オンラインカジノによって異なります。
制限に不満がある場合は、各オンラインカジノのサポートに連絡するのも方法で、上限額をあげる方法を教えてくれるケースもあります。

例えば、本人確認書類などの提出です。
オンラインカジノは、不正なクレジットカード利用を防ぐために、上限額を設定するのが一般的です。
クレジットカードの使いすぎを防ぐためでもあり、セキュリティの関係で制限を行っているのです。

身分証明証の提出やメールアカウントの確認、電話番号の確認がとれている場合は制限額が引き上げられる可能性があります。
また、VIPであれば制限額が上がるケースも多く、VIPになるための方法などを教えて貰える場合があります。

クレジットカードの入金上限金額に達したら、一度サポートに相談してみるのも方法です。

自分で入金を制限することもできる

クレジットカードの入金制限は、オンラインカジノ側が設定するものだけではありません。
多くのオンラインカジノではプレイヤー自身が入金制限をかけられるようになっていて、お金の使いすぎを防げるようになっています。

一月いくらまでという設定が可能なため、遊びすぎが気になる人も安心してプレイできます。
オンラインカジノの入金制限は、オンラインカジノにログイン後、登録情報、アカウント情報から設定できるのが一般的です。

金額は自分で好きに設定が可能なため、低めに設定することも高めに設定することもできます。
入金制限の変更も簡単で、初回登録時に入金制限を設定できるオンラインカジノも存在します。

クレジットカード以外の入金方法も同程度の制限

オンラインカジノに入金する方法は、クレジットカードだけではありません。
多くのオンラインカジノは電子決済サービスに対応していて、入出金のどちらにも使えるサービスとなっています。

オンラインカジノへの入金だけでなく、受取ができるのが最大の魅力です。
注意したいのは、クレジットカード入金と同様、電子決済サービスにも入金制限が存在することです。

クレジットカードと同程度の制限がつくのが一般的で、より金額が制限されるケースもあります。
一部銀行振り込みに対応するオンラインカジノも存在しますが、そちらにも入金制限が存在します。

安全に遊ぶための制限でもあるため、制限とうまく付き合っていくことや、使いすぎを防ぐ仕組みとして活用することがおすすめです。

制限はうまく利用するのがおすすめ

制限はうまく利用するのがおすすめ
クレジットカードの利用制限は、セキュリティのため、お金の使いすぎを防ぐための仕組みです。
自分の予算に合わせて使う感覚が大切で、賭けすぎの歯止めになってくれます。
自分で入金制限を設定してしまうのも方法で、毎月予算に合わせて遊ぶこともできるのです。

また、ゲームのプレイ状況などに応じ、入金制限が緩くなるのも一般的です。
入金制限が厳しすぎると感じる場合はサポート窓口に相談するのがおすすめになります。

VIP向けのサービスや、上限額を増やす方法を案内してくれることが多いからです。
VIPになれば特別なオファーなどが届くのも特徴で、より自由にオンラインカジノを楽しめるようになります。

ミスティーノは新しいオンラインカジノ

2020年5月に新しいオンラインカジノが立ち上げられました。
それが今回紹介する「ミスティーノ」です。
このミスティーノについて、その概要や特徴、注意点などを紹介し、どのようなオンラインカジノなのかを解説していきます。

ミスティーノとは

ミスティーノは中米に浮かぶ島国、オランダ王国の構成国の一つであるキュラソー島で許可を受けたオンラインカジノです。
運営会社は同地にあるCurisle N.V、無許可でオンラインカジノを行っているわけではないので、安全性の高いオンラインカジノと言えます。
従来のようなオンラインカジノにありがちな、いかにもカジノという印象ではなく、アニメ風のキャラクターを起用し、インターフェイスもゲームの一部のような工夫がされているオンラインカジノです。

それでいて、約1400種類もの様々なカジノゲームを取り揃えており、スマホ(androidやiPhone両方に対応)でも気軽に遊べるゲームになっています。
ミスティーノとは

ミスティーノの特徴

ミスティーノの特徴は、親しみやすい雰囲気、不定期なキャッシュバックがある、出金条件が緩やかと言ったものが挙げられます。
親しみやすさは、さきほど紹介したアニメ風のキャラクターやインターフェイスがアニメ調と言ったものです。

海外の独特なものではなく、日本風かそれを真似した雰囲気なのでオンラインゲームをするような感覚でオンラインカジノが楽しめます。
また、BSなどでテレビ広告を行っているため、従来のオンラインカジノにはない親しみやすさを感じるというのが特徴です。

キャッシュバックも魅力的と言えます。
キャッシュバックと言うと、ある程度のお金を入金した場合やアカウントを作成した時に行われることが多いのが実際のところです。

しかし、ミスティーノでは賭けられたお金の一部をプールし、不定期でほぼ無条件のキャッシュバックをしてくれるサービスが行われています。
これによって、いきなり手持ち金が増えてたくさん遊べるようになるというのも特徴です。

出金条件も緩やかです。
海外のオンラインカジノは出金が入金した額の数倍であったり、一定期間の出金ができないことも少なくありません。
そのため、オンラインカジノでありがちな出金トラブルを減らす試みが行われているのも特徴と言えます。

これら以外に主要な仮想通貨による入金が可能な点やスマホ専用のゲームの設置なども、他のオンラインカジノには見られないミスティーノらしさを感じさせる点です。

全体的にとっつきやすく初心者でも気軽に遊べるオンラインゲーム、それがミスティーノのメリットであり、大きな魅力と言えるのではないでしょうか。

ミスティーノの注意点

ミスティーノの注意点

もちろんミスティーノにも注意点はあります。
それは、サポート時間が限られる、新しいカジノなので口コミが少ないといったものです。

サポート時間は24時間体制ではありません。
確かに日本語にも対応しているので、便利なサービスと言えます。

しかし、日本時間の15時から深夜3時までの対応なので休み時間などに遊んでいてわからないことがあった場合、サポートを受けられません。
ライブチャットにも対応しているので便利と言えますが、サポート時間が短めという点に注意が必要です。

新しいカジノなので口コミが少ない事も挙げられます。
2020年5月に開設されたばかりなので、まだそこまで遊んだユーザーや長期間遊んだユーザーが多くありません。

そのため、はっきりした評判が得られていないという点も注意です。
ただ、2020年7月現在出金ができなかったということや全く勝てなかったといったマイナスな評判を見かけなかったので、基本的にそこまで不安の出るオンラインカジノではないと言えます。

ただ、未知数の部分もあるので、その点は事前に知っておきましょう。

気になるミスティーノの入出金方法

気になるミスティーノの入出金方法

ミスティーノは魅力的なカジノゲームが多く楽しめるサービスと言えますが、やはり気になるのはお金のやり取りです。
ここでは入金や出金について触れていきましょう。

まず入金方法ですが、ログイン後のホーム画面で入金ボタンをタップあるいはクリックすると入金画面へ移動します。
そして、そこにある対応しているすべての入金方法が表示されるので希望する入金ボタンを押しましょう。

クレジットカードやエコペイズ(ポイントにして送金するE-ウォレット)、ヴィーナスポイント(オンラインカジノ用の電子マネー)、仮想通貨(Bitcoin、Litecoin、Ethereum、Rippleと言った主要通貨)、マッチベター(欧州の電子決済サービス)から選んで金額を入金するだけでできるのでとても簡単です。

特に気になる出金方法ですが、こちらも簡単です。
ホームボタン同様に出金ボタンを押すと出金できます。

ただ、注意点として入金と同じ手段でないと出金できない(クレジットカード入金の場合は銀行送金のみ)ということで、この点が不自由に感じられるのではないでしょうか。
また、手元へお金が入るのに2~7営業日以内ということも気をつけておく必要があります。
このような注意点はあるものの、他のオンラインカジノよりはスムーズな入出金ができる印象です。

ミスティーノをプレイしてみよう

ミスティーノは、アニメ風のキャラクターやインターフェイスで親しみのあるデザインのオンラインカジノです。
それでいて、1400種類を超えるゲームがパソコンでもスマホでも楽しめるのが魅力と言えます。
そんな気軽に遊べるミスティーノを一度プレイしてみては、いかがでしょうか。

悪質なオンラインカジノを見分けて楽しもう

オンラインカジノと言うとかつては悪質なものも多く、善良なオンラインカジノを見つけるのが難しいという時代もありました。
しかし、現在はライセンスの整備や評判などが一瞬で世界中を駆け巡るようになったため、そういったオンラインカジノは減りつつあります。
それでも悪質なオンラインカジノは、なくなったわけではありません。

今回、この悪質なオンラインカジノの見分け方について、いくつかのポイントを元に紹介ていきます。
これを読めば、きっと悪質なオンラインカジノの見分け方を知ることができるのではないでしょうか。

ライセンスの有無

ライセンスの有無
ライセンスの有無を最初に調べましょう。
オンラインカジノは、現在海外の政府や自治体などによってライセンスが整備されています。
そのため、オンラインカジノを運営するにはライセンスが必須になりました。

しかし、そんな中でも、無許可でオンラインカジノを運営しているところがなくなったわけではありません。
そういった無許可のオンラインカジノは、ほとんどすべてが悪質なオンラインカジノでありイカサマはもちろん、出金ができないなどのトラブルも多く発生します。

しかも簡単に解散して、別の運営会社(実質同じ会社)で再度営業をするというケースも珍しくありません。
そういったケースもあるので、ライセンスは最低限見ておきましょう。

また、ライセンスも取得の厳しさがあり、特にマルタ共和国やキュラソー共和国などのライセンスを持っているオンラインカジノは悪質でない可能性が高いといえます。
また、オンラインカジノによっては、ダブルライセンスと言って二つの自治体や政府などからライセンスを取得している場合もあり、こういったオンラインカジノはより信頼できるオンラインカジノです。

これらのライセンスは、オンラインカジノのサイトに明記されていることがほとんどなので、アカウント作成前にチェックしておくことをおすすめします。

ソフトウェアのブランド

ソフトウェアのブランド
悪質なオンラインカジノの見分け方として、そのオンラインカジノが採用しているソフトウェアを見ることも重要です。
オンラインカジノは、カジノマシンの代わりにビデオポーカーなどのゲームのソフトウェアを利用します。

そのソフトウェアを供給している会社を見るのです。
具体的には、マイクロゲーミング(Microgaming)、プレイテック(Playtech)、ネットエント(NETENT)のいずれかを採用していれば、まずは安心でしょう。
ソフトウェアによっては、イカサマなどが可能なソフトウェアもあるため、信頼できるブランドを採用しているかどうかは重要なポイントとして挙げられます。

また、先ほど紹介したソフトウェア会社は、第三者機関の認証を受けてソフトウェアをオンラインカジノに納入しているので、オンラインカジノ側では不正な確率調整などができないようになっているため、イカサマを気にせずプレイできます。

もちろんこれら以外のソフトウェアも認証を受けているところが多いですが、まずはメジャーな大手のソフトウェア会社を利用しているところを探しましょう。

出金スピード

出金スピードも悪質なオンラインカジノの見分け方として重要です。
悪質なオンラインカジノは出金までのスピードが遅く、1か月程度かかる場合も少なくありません。

こういったオンラインカジノは資金面に不安を抱えていたり、故意に支払いを渋っている可能性があり、悪質なオンラインカジノの可能性が高いといえます。
出金スピードは口コミなどで知ることができますから、極力迅速な支払いをしてくれるオンラインカジノを選びましょう。
ただ、現金送金の場合は、どのオンラインカジノも遅いため、その点は注意しておく必要があります。

ボーナスの扱い

ボーナスの扱い
一見悪質でないオンラインカジノでも、出金トラブルが起きやすいオンラインカジノも存在します。
それはボーナスの扱いが厳しいオンラインカジノです。

たとえば、ボーナスを全て消費しないと出金できないというのは珍しくありませんが、ボーナスの権利を放棄できない場合や、ボーナスで得た金額の30倍以上稼がないと出金できないといった悪質なものもあります。
これらはライセンスの取得や一流のソフトウェア会社の供給を受けていても、平然と行われていことがありますから、アカウント前に出金するための条件をきちんと押さえておきましょう。

これをチェックすることで、出金しやすい良質なオンラインカジノか、あるいは出金が実質不可能な悪質なオンラインカジノかをはんべすることが可能です。
良質なオンラインカジノであれば、ボーナスの放棄ができたり、ボーナスの消費のみで容易に出金できると言った緩いルールになっています。

オンラインカジノの魅力である豊富なボーナスですが、このボーナスが出金の邪魔になるものかどうかをきちんとチェックしておきましょう。

プレイアモが世界的な人気を誇っている理由

2016年に誕生したオンラインカジノ

2016年に誕生したオンラインカジノ
プレイアモは2016年誕生のまだ比較的新しいオンラインカジノであるため、その名を見聞きしたことがないという方もいらっしゃるでしょう。
オンラインカジノは長く運営されているほど信頼性が増すので、運営年数が数年程度のオンラインカジノが人気となるのはそうあることではありませんが、プレイアモは海外のプレイヤーだけではなく、日本人プレイヤーからも高い人気を得ています。
こうしたプレイアモの人気の根底にあるのは高い安全性です。

プレイアモはDirex N.V.という運営会社により運営されていて、取得しているライセンスはキュラソーライセンスになります。
キュラソーライセンスを取得しているオンラインカジノは多くありますが、それは決して取得しやすいライセンスだからというわけではなく、それだけ信頼のおけるライセンスだからです。
過去にもキュラソーライセンス保有のオンラインカジノで、大きなトラブルが発生したということはほとんどありませんので、プレイアモもその安全性に関しては心配せずに楽しむことができます。

そして、プレイアモは日本人プレイヤーにとっては貴重な日本語対応オンラインカジノで、表示言語が日本語というだけではなく、サポートも日本語にて受けることができます。
サポートはチャットとメールで、どちらも日本語をマスターしたベテランスタッフが対応してくれるので、どんな問題も瞬時に解決してもらえます。
当然のことながらチャットはすぐに繋がりますが、メールの返信もとても早いので、チャットを使える時間外であっても素早く回答をもらうことができます。

またさらに、プレイアモは日本円にも対応しているので、日本円にてベットすることができます。
ドルやユーロですと、普段使い慣れていないので、ベットの感覚がずれてしまうことがあります。

日本円でベットすることができれば、しっかりとベットに対する資金感覚を持つことができるので、資金管理に失敗することもありません。
こうした日本語、日本円に対応しているオンラインカジノであることから、プレイアモは日本人が始めやすいオンラインカジノとしても知られています。

3500種類を超える豊富なゲーム数

3500種類を超える豊富なゲーム数
プレイアモは数多くあるオンラインカジノの中でも最大クラスのゲーム数を保有しています。
その数はなんと3500種類以上もあり、さらに現在も新ゲームが続々と追加され、ゲーム数は増え続けています。
オンラインカジノで、定番のブラックジャックやポーカーなどのテーブルゲームや高額賞金が魅力的なスロットマシーンは数え切れないほどありますし、画面を通じて実際にディーラーと勝負できるライブゲームも多数用意されています。

また、プレイアモは採用しているゲーミングプロバイダの数も多く、現在53社のゲーミングプロバイダを採用しています。
ゲーミングプロバイダの数が多いということは、同じジャンルのゲームでもまったく異なった雰囲気を楽しむことができるので、どのゲームを選んでも新鮮な気持ちを失うことなく楽しめます。

そして、プレイアモでは、マイクロゲーミング、ネットエント、プレイテック、プレインゴーといった現在のオンラインカジノをリードしているゲーミングプロバイダを多く採用しているので、ゲームクオリティはトップクラスのオンラインカジノと比べてもまったく遜色ありません。
このようにクオリティの高いゲームを数多く保有しているということが、プレイアモが日本人をはじめ世界中のプレイヤーから人気を得ている大きな理由です。

選べる多くの入出金手段

選べる多くの入出金手段
プレイアモは入出金手段も多く用意しているので、入出金につまづいてしまうことはないでしょう。
どの入出金方法も入出金にかかる時間がとても短いので、思ったとおりに資金を移動することができます。
用意されている入出金方法は、ecoPayz、Maestro、Neosurf、Paysafecardの電子決済サービス、Bitcoin、Ethereum、Bitcoin Cash、Dogecoin、Litecoin、Tetherの仮想通貨が用意されています。

そして、入金に限られますがVisa、MasterCardのクレジットカードも利用することができます。
これほどの入出金手段が用意されていれば、いつでも手軽に入出金を行えます。

どの決済サービスもオンラインカジノとの間では手数料がかからないので、コツコツと遊ぶ度に入手金を行いたいという方も安心して利用することができます。
オンラインカジノを利用するにあたり、入出金がネックとなりがちなので、こうした決済サービスの多さはプレイアモの魅力であり特徴と言えるでしょう。

また、プレイアモでは最初の出金の際に本人確認が実施されます。
本人確認は身分確認と住所確認の二つがあり、身分確認はマイナンバー、免許証、パスポートなどの顔写真付きの身分証明書の画像をアップロードし、住所確認は住民票、光熱費の請求書等の画像をアップロードします。
この本人確認は必ず行わなければなりませんので、事前に必要な証明書を用意しておくと、初回の出金をスムーズに行うことができるでしょう。

純粋にカジノを楽しめるシンプルカジノ

シンプルカジノについて

シンプルカジノについて
シンプルカジノは2019年の秋に開設されたばかりの新しいオンラインカジノです。
オンラインカジノは長年の運営実績が信頼性の証となるため、できたばかりのオンラインカジノはなかなか人気を得ることができないのですが、シンプルカジノは開設時から高い人気を得ていて、現在もプレイヤー数を伸ばし続けています。

開設されたばかりのシンプルカジノが高い人気を得られているのは、シンプルカジノの運営会社がカジ旅を運営しているHeroGaming社だからです。
シンプルカジノはカジ旅の運営者HeroGaming社が新たに立ち上げたブランドです。
カジ旅は従来のオンラインカジノにRPG要素を加えた革新的とも言えるオンラインカジノですが、シンプルカジノはカジ旅の真逆を行く、カジノゲームの提供だけに力を注いでいる大変シンプルなオンラインカジノです。

カジ旅のようなエンターテインメントに溢れるオンラインカジノが好きだという方もいれば、逆にただ単にギャンブルを楽しみたいという方もいらっしゃるでしょう。
シンプルカジノはオンラインカジノの手間がかかる部分を省き、すぐに利用したいゲームに辿り着ける仕様となってるので、ギャンブルだけを楽しみたいという方には打って付けのオンラインカジノです。

キュラソーライセンス取得の安全オンラインカジノ

キュラソーライセンス取得の安全オンラインカジノ
オンラインカジノは世界中に多くあり、その中にはごくわずかですが悪質なオンラインカジノも存在するため、オンラインカジノで遊ぶ際は悪質オンラインカジノを利用しないように注意しなければなりません。
ですが、注意といっても悪質オンラインカジノを見分ける方法はとても簡単です。

オンラインカジノを開設するためには、カジノを合法化している海外政府よりライセンスを受ける必要があります。
この海外政府発行のライセンスを持っていないオンラインカジノは無許可でギャンブル提供をしていますので、なにも知らずに利用してしまうと出金ができなかったり、個人情報を抜き取られてしまったりと悪質行為を働かれてしまう可能性があります。

シンプルカジノはもちろんライセンスを取得し運営されているのですが、その取得しているライセンスはオンラインカジノ業界でも信頼性の高いキュラソー政府発行のものです。
キュラソー政府が発行するライセンスは取得がとても難しく、並の企業ではその審査をクリアすることができません。

資金力も十分すぎるほど必要となりますし、ソフトウェアに関しても安全性がしっかりと確立されたものでなければなりません。
背後関係も従業員すべてがクリーンでなければなりませんし、決済に関しても細かくチェックが入ります。
シンプルカジノはこうした信頼性の高いキュラソーライセンスを取得しているので、安全性の面に関して心配することなく安心してゲームを楽しむことができます。

魅力のリベートボーナス

シンプルカジノにはオンラインカジノの目玉とも言えるウェルカムボーナスがありません。
その代わりに、リベートボーナスというプロモーションを目玉としています。

リベートボーナスというのは、賭け金を還元するボーナスで、1週間に1度トータル賭け金の0.5%を受け取ることができます。
リベートボーナスの対象になるには1週間の間に2ドル以上をゲームに賭けるだけです。
最大付与は1000ドルとなっているので、一般的なウェルカムボーナスよりも大きなボーナスを受け取ることができます。

そして、リベートボーナスの魅力は他にもあります。
オンラインカジノでは最低賭け条件という出金制限をかけています。

この最低賭け条件はボーナス額の30倍程度になっていることがほとんどですが、シンプルカジノカジノのリベートボーナスの最低賭け条件は1倍です。

リベートボーナスで100ドルを受け取った場合、100ドルを賭けると出金制限が解除され、ボーナス分を自由に出金できるようになります。
これほど最低賭け条件が低いオンラインカジノはその他にはありませんので、このリベートボーナスはシンプルカジノの目玉として大変注目を集めています。

しっかりとした日本語サポートを完備

しっかりとした日本語サポートを完備
オンラインカジノは基本的に英語をベースとしているので、英語がわからない方は遊びにくいギャンブルなのですが、シンプルカジノは完全日本語対応となっているので日本人でも安心して利用することができます。
サイトにアクセスして頂ければすぐに気づいてもらえると思いますが、シンプルカジノは公式サイトも日本語にて表示されているので抵抗を感じることなく気軽に利用することができます。

そして、サポートに関してもライブチャット、メール共に日本語にて対応してもらえるので、問題が発生してもすぐに解決してもらうことができます。
ライブチャットの場合は16時から24時と対応時間が決められていますが、メールの場合は24時間いつでも受付可能となっているので、時間を問わず問題点、不明点の解決策を尋ねることができます。
シンプルカジノはこうした日本人が遊びやすい環境が整えられていることから、日本人プレイヤーの間ではすでに名の知れたオンラインカジノとなっています。

ペイトラをフル活用して土日も即日入金!

ジパンググループの新しい決済システムとして、2019年に「Paytra(ペイトラ)」はサービスを開始しました。
今回は、ペイトラの特徴はもちろん「ジパンググループのオンラインカジノで遊ぶならペイトラしかない!」そう思わせるようなペイトラ決済のメリットをご紹介します。

注目の新サービス「Paytra(ペイトラ)」

2019年に、多くの日本人ユーザーに愛されている「ジパングカジノグループ」に新しい電子決済システム「Paytra(ペイトラ)」が導入されました。
ジパングカジノはもともと、日本人プレイヤーに向けてサービスを展開しているカジノであったため、日本人プレイヤー数No1でしたが、この「Paytra(ペイトラ)」のサービス開始をきっかけに、さらに勢いを増し、不動の人気オンラインカジノとなりました。

Paytra(ペイトラ)は、オンライン上で、素早く簡単に資金取引ができる、電子決済サービスの一つです。
口座開設方法はとても簡単で、公式ホームページに行き、必要事項を入力していけば10分もかからないうちにオンライン上にあなたの口座を作ることができるでしょう。
もちろん、新規開設料は、無料です。

そして、ペイトラのすごい所は、これだけではありません。
新規登録料はもちろん、為替手数料、送金手数料、ペイトラから口座への振込手数料、退会手数料、休眠口座管理手数料、これらの手数料が全て無料です。
注目の新サービス「Paytra(ペイトラ)」

ちなみに唯一手数料が無料でないのが、「ペイトラ口座への振込手数料」ですが、これも決して高くありません。
なぜなら、ペイトラは、日本国内に代理業者を設置しており、その代理業者の口座に振り込めば良いため海外に送金する必要もなく国内口座へ振り込むときに必要な振り込み手数料だけ良いため、他サービスと比べると、圧倒的に安い金額で振り込むことができるのです。

Paytra(ペイトラ)はジパングカジノグループのみで使えるサービス

このように魅力十分な新電子決済サービス:Paytra(ペイトラ)ですが、あえて残念な点を挙げるとすれば、ペイトラを使えるオンラインカジノサイトは、現在3つしかありません。
それが、ジパングカジノグループの3サイト、「ジパングカジノ」「ラッキーベイビーカジノ」「カジノジャンボリー」です。
せっかく魅力的なサービス内容なのだから、他のオンラインカジノサイトでも使えたらいいのに、もったいない・・・そんな声が聞こえてきそうですが、考え方を少し考えてみましょう。

ペイトラはどう頑張っても現在、上記3サイトでしか使えません。
ならば、ジパングカジノグループで遊ぶのなら、絶対にPaytra(ペイトラ)を使った方が得だ!と考えましょう。
すでに、ジパングカジノグループのサイトで遊んでいるが、他の入出金サービスを使っている方、今からかンラインカジノを始めようとしていて、ジパングカジノに興味をもっている方、間違いなく、決済サービスはこのPaytra(ペイトラ)を使うことをお勧めします。

Paytra(ペイトラ)ユーザー“だけの”特典がいっぱいある!

ペイトラは、サービス内容単体で見ても、かなりお得で使い勝手のよい決済サービスです。
しかし、ジパングカジノグループ3社では、ペイトラユーザーにだけの特典を用意してくれているのです。

<ペイトラ入金者限定ボーナス進呈!>
ジパングカジノグループの3サイトでは、定期的にペイトラ利用者限定の「プロモーションボーナス」を開催しています。
Paytra(ペイトラ)はジパングカジノグループのみで使えるサービス

過去の例をあげると
・ペイトラからの新規入金でボーナスが10%増量
・ペイトラからの入金実績がある方 現金チップ10ドルプラス
これらのサービスは、他決済サービスを使っていては適応されず、ペイトラを使っているだけ適応される魅力的なサービスなのです。
ボーナスの内容は、時期によって変わりますが、決済システムを変えるだけでこんなサービスを受けられるのなら使わない手はなくないでしょうか。

<ペイトラへの引き出しなら土日も即日対応!>
ジパングカジノグループの出金体制はもともと魅力的です。
「平日の昼12時(日本時間)までに請求した場合は、当日中に処理」という、業界でも類をみないスピード感覚でもともと評判が良かった体制ですが、ここにさらに「ペイトラへの引き出しの場合、土日祝でも対応」してくれるのです。
Paytra(ペイトラ)はジパングカジノグループのみで使えるサービス
つまり
・平日、土日祝の関係なく、昼の12時までの申請なら当日中に出金処理
・昼の12時を過ぎての申請は、翌日の昼から午後5時(日本時間)までの出金処理
という体制になっています。

このようなスピード感覚で出金処理の対応をしてくれるところはそうそうありません。
今までは、金曜の夜にカジノで当たって、大きな金額が動いたとして、実際にその勝ったお金は、週明けの月曜日を待たなければ、オンラインカジノ内に残ったまま。
もしかすると、週明けまで我慢できずさらに手をつけてしまい、泥沼に…ということもあるかもしれません。
すぐに出金処理ができることに越したことはありませんので、これもジパングカジノでペイトラを使うメリットと言えるのではないでしょうか。

いかがでしょうか。
Paytra(ペイトラ)はとても優秀なサービスなので、いろんなオンラインカジノで展開されていけばもちろんうれしいですが、現状ジパングカジノグループ内でのみ使える状況ですので、せめてグループ3サイトでプレイする際には、もっともお得なPaytra(ペイトラ)を使ってみてはいかがでしょうか。

ギャンブルの一部として必ず対応すべき問題

オンラインカジノは健全に楽しめるものではありますが、一方で「社会的責任」を抱えているのも事実です。
オンラインカジノは第三者機関からもチェックを受け、且つライセンス制度である以上信頼できるものであるのは間違いないのですが、ギャンブルである以上、目を背けてはならないことがあるのも事実です。

依存症への対策は必須事項

依存症への対策は必須事項
オンラインカジノに求められている問題として、ギャンブル依存症が挙げられます。
ギャンブル依存症そのものは自己責任ではあるのですが、ギャンブル依存症患者が増えていることを考えると、業界としても「自己責任で」「うちは関係ない」とは言いにくいのも事実です。

ましてやギャンブル依存症の怖い所は、依存症の本人よりも周囲に迷惑をかける点にあります。
家族、友人、知人…。患者本人よりも、むしろそのような周囲の人間の方が「実害」を被るおそれがあります。

例えば生活費をギャンブルに使ってしまうというケース。本人は自分自身の欲望の赴くままに楽しんでいることでしょう。
しかし、一緒に生活を送っている配偶者、家族とすれば、生活そのものが苦しくなることを意味していますので、依存症の本人よりもむしろ大きな負担を強いられることになるのではないでしょうか。

もちろん依存症の問題はオンラインカジノだけではなく、ギャンブル全体の問題ですが、オンラインカジノの知名度・ユーザーの増加に伴い、オンラインカジノに対して責任をとの声が大きくなるのも紛れもない事実です。

カジノ側も何もしていないわけではない

しかし、そのような声を黙殺している訳ではありません。
オンラインカジノ業者の中には一ヶ月に投入できる資金に制限を設けたり、あるいはログアウトすると一定時間ログインできない仕様にするなど、ギャンブル依存症の問題に正面から向き合っている業者もあります。

まだまだその数は少ないですし、業者任せにするのではなく業界全体での動きに期待している人も多いのです。
よって、このような形で徐々にではありますが、ギャンブル依存症と正面から向き合う業者が増えている点は好ましいのではないでしょうか。

法的見地の問題

オンラインカジノが抱えている問題として法律も挙げられます。
近年、オンラインカジノの違法性を唱える人は減少傾向にあります。
法的見地の問題
過去に下された嫌疑不十分による不起訴処分は、オンラインカジノが違法ではないことを証明したものだと言っても過言ではありません。
しかし、違法か合法なのかよりも、今後はIR法案によって国内にもカジノが解禁されていくと、ではオンラインカジノはどうなのかという問題が浮上することになるでしょう。

IR法案はカジノ法案とも呼ばれているように、事実上カジノを解禁するものではあるのですが、日本全国どこででもカジノが営業できるようになる法律ではなく、場所を限定したものです。
この点がポイントで、今後、許された場所であれば国内に於いてもカジノが合法であることを意味します。
裏を返せば、許されていない場所では今後もこれまで同様、カジノを含むギャンブルそのものは違法です。

ではオンラインカジノはどうなるのか。
先に違法ではない風潮になりつつあるとお伝えしたのは、あくまでも海外のサーバーで運営されているオンラインカジノです。
もしもですが、国内の限定地域でカジノが解禁された場合、オンラインカジノはどのような位置付けになるのかはまだまだ未知数です。

この点はオンラインカジノというよりも、行政がしっかりしなければならない部分ではありますが、既にいくつかの企業がIRに立候補しているとも囁かれています。
現実でのカジノだけではなく、オンラインカジノはどのような位置付けになるのかについても、しっかりと話し合わなければならない部分と言えるでしょう。

税制面について

税制面について
この点もオンラインカジノ業界の社会的な問題かもしれません。
オンラインカジノは大きな利益を狙える点が魅力ですが、得た利益には税金がかかります。
この点を見落としているユーザーが多いです。

オンラインカジノは海外の業者なので、日本の税制面のアナウンスまでしていないところが多いのですが、オンラインカジノでの利益も所得になるので課税対象になります。
この点をアナウンスしないと、得た利益を全部使ってしまい、忘れたころに税務署から税金の申告がきて…といった問題にもなりかねません。

まとめ

オンラインカジノは大きな利益が狙えるコンテンツである一方、いくつかクリアしなければならないことがあるのも事実です。
業界からの働きかけが求められることもありますので、IRの導入という、今後オンラインカジノが更に身近なものになることが予想されているだけに、「次の一歩」に対しても積極的に取り組むことが求められています。
ユーザーとしては気になる部分があるかと思いますので、今回ご紹介した点についてもチェックしておくと良いでしょう。

資金の取り扱いはこまめに留意しよう

軍資金の準備はボーナス基準で考えるのがベター

軍資金の準備はボーナス基準で考えるのがベター

オンラインカジノはぎゃんぶるですので、始める上でまず必要となるのが軍資金です。
オンラインカジノはスロットマシーンを始め10セントという少額から始められるゲームもありますし、逆に高額勝負を挑めるベット上限の高いゲームもあります。
そのため、人それぞれのプレイスタイルによって軍資金を決めるのが一番なのですが、初回に限ってはボーナスで考えるのが一番です。

オンラインカジノの魅力の一つに初回入金ボーナスというものがあります。
これは初回の入金時にもらえる無料チップのことで、基本的には初回時に入金した金額をそのままもらうことができます。
オンラインカジノによって上限が決められていますが、そのほとんどが300ドル前後となっているので、300ドルを入金するとなんと300ドル分の無料チップを受け取ることができます。

無料チップといっても実際にはオンラインカジノ口座にそのまま資金として反映されるので、実際に自分で資金を投入した場合となんら変わりありません。
ただ、この初回入金ボーナスを受け取ると出金に対して条件が付けられたり、利用できるゲームに制限が付けられたりしてしまいます。
しかし、それでも用意した資金の倍の資金で始められるというのは大変魅力的なことですので、初回時の入金はこの初回入金ボーナスの上限に合わせて軍資金を用意するのがベターだと言えるでしょう。

海外の電子決済サービス口座の開設

オンラインカジノを利用するにあたり欠かせないのが、海外の電子決済サービス口座の開設です。
オンラインカジノはイギリスやフィリピンなどカジノ合法国に本拠地を置く企業により運営されているので、オンラインカジノ側と直接入出金を行おうとすると海外送金を使う以外に他はありません。

海外送金を用いた入出金の場合手数料が非常に高くなってしまいますし、口座への着金にも3日~7日も要してしまいます。
また、最近は海外送金に入出金を行えないオンラインカジノも増えてきているので、オンラインカジノ側との直接的な入出金ができない場合もあります。

現在のオンラインカジノの入出金は海外の電子決済サービスがメインとなっています。
電子決済サービスを利用すれば、海外送金のように高い手数料もかかりませんし、オンラインカジノとの間での入出金も時間をかけずに行えます。
口座の開設にも費用はかからないので、現在のオンラインカジノの入出金は電子決済サービス一択であると言っても過言ではありません。

電子決済サービスの口座開設は氏名、住所などの簡単な個人情報の入力と本人確認書類のアップデートで簡単に行えますので、オンラインカジノの利用をスムーズに行えるようにするためにも海外電子決済サービス口座の開設を事前に済ませておきましょう。

年齢制限を確認し利用する

年齢制限を確認し利用する

ギャンブルは世界共通で、どんなギャンブルにも年齢制限が設けられています。
それはオンラインカジノも同じで、各オンラインカジノにより年齢制限が設けられています。
多くのオンラインカジノは日本のパチンコ、競馬等と同様に18歳未満禁止となっていますが、オンラインカジノによっては20歳未満となっているところもあります。

オンラインカジノのアカウト登録の際に年齢制限に引っかかりながらも嘘の申告し始めてしまうと、後に利益だけではなく入金した資金まで引き出すことができなくなってしまう場合があります。
オンラインカジノのほとんどは最初の出金申請の際に免許証やパスポート等での本人確認が必要となります。
嘘の年齢を申告した場合、この本人確認で年齢の詐称が発覚してしまいます。

オンラインカジノは不正に対し大変厳しいギャンブルですので、一度の不正によりその後の利用が禁止されてしまうこともあります。
そのため、オンラインカジノを始める場合は、年齢制限にもしっかりと目を通し規約に則った利用をするようにしましょう。

出金するための国内銀行口座を用意する

出金するための国内銀行口座を用意する

オンラインカジノの利益を出金するには国内銀行口座が必要となります。
都市銀行でも地方銀行でも特に問題はないのですが、オンラインカジノと同じくオンラインでの入出金に長けたネット銀行の口座があると便利でしょう。
ネット銀行の多くは都市銀行、地方銀行と比べ海外送金の手数料を安く設定しています。

中には都市銀行、地方銀行の半分以下の手数料で海外送金を行えるネット銀行もあるので、電子決済サービスへの入金にかかる手数料を抑えることができます。
最近は電子決済サービスも日本に代理店を置いている場合もあり、国内銀行振込にて入金できるサービスもあります。
その国内銀行振込においてもネット銀行ならば月に3回前後無料としているところが大半なので、手数料の面に関して都市銀行、地方銀行よりも優れています。

また、生活費や給料の振込に都市銀行、地方銀行を利用する方が多いと思います。
そうした生活費、給料の振込先とは別の口座を利用することにより、ギャンブル用の資金をしっかりと分けることもできます。
ギャンブルを行う上での一番の問題となるのが資金管理ですので、ネット銀行に口座を開設することにより、そうした資金管理の面もクリアすることができるでしょう。